Twitterアカウントで過去・最新記事配信中です

三遊亭円楽が脳梗塞から復帰で「死ぬまでやる」脳機能の障害も告白

脳梗塞によりリハビリを続けている落語家の六代目 三遊亭円楽(72)が今月11日、東京・永田町の国立演芸場で行われた『8月中席』で高座復帰を果たした。

円楽は今年1月に脳梗塞で倒れて入院。5月に退院すると、復帰に向けリハビリを重ねていた。7月放送の日本テレビ系『笑点』(毎週日曜 後5:30)にVTR出演する場面もあった。

この日、出番が終わって取材に応えた円楽は、現在の症状や、今後の展望について語った。話す中では、珍しく涙を見せる一幕もあった。

これからも落語に関わる仕事したい

出典:オフィシャルサイト

ぎっしり埋まった客席から大きな拍手で迎えられた円楽は開口一番、「とにかくここまで(来られた)」と涙で声を詰まらせた。そして「やめちまおうと思ったね。代わりはいくらでもいる」と療養中の心境を明かす場面も。

高座復活を果たし、出番を終え、取材に応えた円楽。「今後の落語界に必要なもの」を問われると、円楽は時事問題にあわせて「統一協会」とにやり。政治、経済、社会、スポーツまで、時局を斬る答えは「笑点」全盛期の頃から変わらない。

1 2 3