注目キーワード

52歳山咲トオルの現在が衝撃!自ら語った「干された」真相 結婚や子供は

ホラー漫画家であり、かつ「オネエキャラ」であるというギャップが世間にウケた山咲トオル。2000年代前半にはバラエティ番組で多く活躍していたことを覚えている方も少なくないことだろう。

当時の山咲トオルの年齢は30代前半だったが、今年の8月には、なんと52歳の誕生日を迎えているのだ。現在の姿がどうなっているのか、想像もつかないのでは。

オネエながらに当時は「美の追求」をいとわなかった山咲。20年経った今はどのように過ごしているのだろうか?また、結婚などはしているのだろうか。

夢はアイドル歌手!から人気ホラー漫画家に

出典:ウーマンエキサイト

いじめられっ子から異色漫画家として2000年代にブレイクした山咲トオル。最盛期のテレビ出演本数は255本、休みも月に1日だけと忙しい日々を送っていたという。しかし、当時のオネエはキワモノ・ゲテモノ枠で扱われることも多くあり、複雑な思いを抱えていたようだ。

ホラー漫画家とは思えない俳優顔負けの端正な顔立ちに、柔らかいオネエ言葉のギャップがウケた山咲トオル。沖縄県出身で、小学生のころから現在のキャラクターだったこともあり、当時は周囲に理解されず、学校ではいじめを受けていたという。

「LGBT」という言葉がなかった時代だ。差別の目が向けられることは、今以上に多かったと容易に推測できる。小学生のときは石を投げられることもあったし、中学生のときは学校中から“オカマ!”と呼ばれていたと本人は語る。

しかし、地元で唯一のデザイン科のある高校に進学したことで、個性的なキャラクターの生徒に多く出会い、「自分は自分のままで大丈夫」と思えるようになったようだ。また、16歳のときに実の姉が歌手デビューを果たしたこともあり、一時期はアイドル歌手になることを志していたという。

オーディションを多数受けたものの満足のいく結果は得られず、「これで最後にしよう」と決めていたホリプロ主催の『第3回 飛び出せ! 日本男児』コンテストでようやく最終審査に進むことができたが、それでも優勝はできず。

芸能界入りはあきらめていたところに、たまたま手に取った雑誌でホラー漫画家の募集が目にとまり、デザインを勉強していたことから、「できるかも」と思い、急遽画材を買いそろえてチャレンジしたところ、デビューが決まったのだとか。まさに、チャンスはどこに転がっているかわからないということの好例だ。

人気タレントに!胸中は複雑

最初は一作だけかと思っていたが、とんとん拍子にことが進んでいき、常に仕事がある安定した漫画家となった山咲。あるとき、誌面に山咲の顔写真を掲載すると、作風とルックスのギャップに読者から大きな反響があったのだそうだ。

その反響を見た編集部から提案されて、顔出しでお悩み相談のコーナーをする展開に。山咲の中ではどこかで、“漫画家で有名になれば、楳図かずお先生のようにテレビに出られるかもしれない”という気持ちも芽生えていたという。

そしてその思惑通り、一気に人気タレントへの道を駆け上がっていったのだ。忙しい日々を過ごすようになった山咲だったが、その胸中は複雑なものであったという。原因は、当時のLGBTへの風当たりの強さは芸能界にもあったからだ。

「当時のオネエはキワモノ・ゲテモノ枠。笑ってもらえてナンボみたいな世界だったので、小中学生時代の“オカマ”と呼ばれていたころに戻った感じでしたね。私自身はそう言われることに対して耐性があったので、特に傷つくことはなかったです」

「でも、同性が好きというのはテレビにおいて倫理的に問題があると。番組によっては“女性が好きと言ってくれませんか”と頼まれることもあって……。仕方なくそう発言したこともありましたが、罪悪感が拭えませんでした」

干された?病気?本人が明かした真相

全盛期には、歌手としてCDデビューも果たすなど、マルチに活躍していた山咲トオルだったが、いつからかその姿をテレビで見かけることはなくなった。「干されたのでは」「病気だから」と、理由を推測する声がネット上に飛び交うようになり、2016年には本人が出演したバラエティ番組で真相を明かした。

「オネエキャラだから、何か面白いことをいうのは当たり前っていう前提で呼んでいただいているわけですよね。ひな壇(の番組)があった時に、すごくみなさんうまく(会話の)キャッチボールをしてるんですけど、私がひと言ポンっといった時に、シーンとなったことがあるんですよ。流れを止めてしまったっていうの?」

次第に、テレビ番組のスタッフや事務所の人間に迷惑をかけているのでは…と悩みを抱くようになっていったという山咲。また、どんどんほかのオネエキャラのタレントたちも台頭してきたのだが、その多くは毒舌キャラ。一方で、自分は他人を押しのけてでもどんどん前に出て行きたいタイプでもなければ、毒舌キャラにもなれなかったという。

「オネエ=毒舌というイメージに変換されていきましたが、私はそういう性格ではないんです。派手に罵り合って番組を盛り上げるオネエたちの中で、ただ座ってニコニコするだけの日が続いて……。こういう状態でテレビに出るのは申し訳ないなと思い、休業することを決めました」

そしてついに、自身のマネージャーに、3年間休業したいという旨を相談したという。自分がいつでも戻れるように環境は整っていたというが、休業中に台頭してきたオネエキャラたちの活躍により、実質、もう戻れる場所はないような状況だったようだ。

「干された」というよりは自分から芸能界を離れていった山咲。「病気説」についてはしっかりと否定しており、年を取っても体型が変わらないだけで、いたって健康体だと強調している。

山咲トオルの現在の姿が衝撃!結婚や子供は?

そんな山咲、現在は目立った芸能活動はないが、柔らかな口調で知られることもあり、ナレーションの仕事などをしているようだ。日本テレビの「幸せ!ボンビーガール」などが例に挙げられるだろう。

気になる見た目はというと、20年前のブレイク時からまったく変わっていないといえるほど、当時のままなのだ。これには驚きを隠せない。

多少の写真加工こそしているだろうが、それにしても変化がない。コメント欄にも、「笑顔がすてき」「本当に変わらない」などの感想が相次いでいる。

また先述したように、テレビでは「『女性が好き』と言ってほしい」と要望されたためにそのような発言もしたことがあるが、実際には同性愛者だという。現在、配偶者がいるような情報や、同棲しているといった情報は特にないようだ。