注目キーワード

牧瀬里穂49歳の現在が劣化どころの騒ぎじゃない!深刻な病気の噂はがん?

女優の牧瀬里穂が「しゃべくり007」(日本テレビ系)に出演し、その容姿が大きな話題となっている。1990年代に一世を風靡し、宮沢りえ・観月ありさ・牧瀬里穂の『3M』と呼ばれ世の男性を魅了した彼女も、今年50歳を迎える。

アラフォーの牧瀬だが、番組では変わらない美貌の持ち主として「奇跡の49歳」「美しすぎて衝撃的」と紹介された。番組の放送を受け、ネットでも「不老不死」などの声が上がっている。

牧瀬里穂には深刻な病気が噂されており、がんを患っているとネットではささやかれていたのだが、その真相にも迫っていく。

奇跡のアラフィフ牧瀬里穂!

牧瀬里穂は10代で芸能界デビューし、現在49歳。今年の12月に50歳の誕生日を迎える。1990年代前半に観月ありさ・宮沢りえとともに「3M(スリーエム)」と呼ばれ、大ブレークした。

「しゃべくり」の番組内では、牧瀬が19歳の時に出演したテレビCM「JR東海クリスマスエクスプレス」の話題で盛り上がり、共演者は「その時の青春が戻ってくる」「影に隠れてドキドキして終わるのが良いよね」と大興奮。

また、牧瀬の初主演ドラマ「二十歳の約束」(フジテレビ系)で生まれた流行語「ヒューヒューだよ!」も紹介された。

SNS上では視聴者から、「牧瀬里穂かわいい、49歳に見えない」「牧瀬里穂、若いなー いつまでも可愛い」「牧瀬里穂さん変わらないなー昔テレフォンカード持ってたのまだ残ってた」「本当に不老不死だな」といった感嘆の感想が書き込まれている。

女優もアイドルももちろん年を取る。そして、「劣化」「整形疑惑」などが語られるのが常なわけだが、牧瀬里穂はそんな噂とは無縁の、圧巻の美貌を今でも見せつけているようだ。

深刻な病気はがん?

出典:NHKアーカイブス

そんなまさに「奇跡のアラフィフ」牧瀬里穂だが、しばらくテレビなどの表舞台に出ない時期があり、深刻な病気が噂されるようになった。Yahooなどで牧瀬里穂の名前を検索しても、必ず「がん」のワードが出てくる。

テレビに出ない間に闘病生活を送っていたのか?と心配になるような話だが、どうやらこれはデマのようだ。牧瀬はヨガなどにも熱心に取り組んでおり、心身共に健康な生活を送っているようだ。

ではなぜ病気の噂がささやかれるようになったのかというと、先ほど述べたように、テレビなどに出ることがパッタリとなくなったことが起因していると思われる。確かに、2009年にNHKのドラマ「再生の町」に出演して以来、実に10年近くの間ドラマなどに出演していない。

テレビに出る機会がなくなったのはなぜかというと、2008年に結婚したことが大きな理由ではないかと思われる。家庭に入ったことで、いったん芸能生活のキャリアに一段落をつけたのではないだろうか。

旦那は誰なのかというと、デザイナーのNIGO氏で、人気アパレルブランド『A BATHING APE』を創業させブームを牽引したプロデューサーだ。

しかし、事業の失敗により倒産。当時は負債を抱えたこともあったようだ。その後はファッション業界から離れ、飲食業の道と進んだようだ。

そんな時期に牧瀬里穂の激やせが重なったため、「がんなのに夫が破算して家計は火の車なのでは?」などと、次々と尾ひれがつくことになってしまったようだ。実際の牧瀬は健康そのもののように見受けられる。

病気に悩まされていたこと自体は事実

「がん」のような大病を患っていたことはデマのようだが、病気に悩まされていたこと自体は事実だ。その病気というのが顎関節症。若い女性などに特に多く、程度は人によってまちまちだが、口の開閉がしづらくなったり、咀嚼時にあごやこめかみに痛みが走ったり、それに付随する肩こりに悩まされたりするケースが多いようだ。

多くの場合では口の開閉時に限ったわずらわしさに悩まされる程度で済むようなのだが、人によっては手足のしびれや頭痛、耳鳴り、めまいにまで発展し、日常生活に難が出る場合もあるという。

牧瀬里穂の場合は発話に難を抱えるほどだったため、しばらくは顎関節症を原因に舞台・ドラマなどの仕事から遠ざかったことも過去にはあった。そういった理由で休養したこともあったために、なおさら「牧瀬里穂重病説」に拍車がかかってしまったのだろう。

少なくとも2019年に女優業を再開した際のドラマ出演時や、今回「しゃべくり」に出演した際の様子を見ても発話に難はないようなので、完治したあるいは日常に支障が出ないレベルまでは克服したのではないだろうかと思われる。