中学生Jリーガー誕生FW久保建英(15)名門バルセロナからJ1東京

 

21世紀生まれの中学生Jリーガーが誕生すると話題になっている。サッカーJ1東京のU-18(18歳以下)に所属するFW久保建英(15)だ。

中学生Jリーガーとして注目を集めているFW久保建英がついにトップチームに選手登録されることが12日わかった。

東京が中学生Jリーガーとして注目を集めているFW久保建英を今月16日までに登録する方針を固めたという。

中学生Jリーガーとして注目を集めているFW久保建英は、スペインの名門バルセロナの下部組織でプレーした2020年東京五輪のスター候補。

今回の東京の登録する方針で、中学生がJリーグの舞台に立つ可能性が高まった。

出場となれば2004年3月の森本貴幸(東京V)以来の中学生選手で、2001年以降の生まれでは初めてとなる。

中学生Jリーガーとして注目のFW久保建英

cslvhlfusaa_6j3出典:twitter画像

久保建英(くぼ・たけふさ)

2001年(平13)6月4日、川崎市生まれ。小学2年だった2009年11月、川崎Fジュニアのセレクションに合格した。

2011年4月には、名門バルセロナの入団テストを経て9月にバルセロナの下部組織に入団し注目を集めた。

2015年5月に東京U-15むさしに加入。今季には東京U-18に飛び級で昇格した。

身長167センチ、60キロ。

今後の活躍に注目だ。