L’Arc~en~Ciel(ラルク)新曲に世界初フルデジタイズ360°ミュージックビデオ配信

 

ファン待望のL’Arc~en~Ciel(ラルク)新曲『Don’t be Afraid』が完成しミュージックビデオには最新技術が使われていると話題となっている。

L’Arc~en~Ciel(ラルク)新曲『Don’t be Afraid』は、世界初となるPlayStaion(R)VR でフルデジタイズ360°ミュージックビデオを配信。

この、フルデジタイズ360°ミュージックビデオはバイオハザード7でも使用されているカプコンの最新技術だ。

L’Arc~en~Ciel(ラルク)新曲『Don’t be Afraid』で使用「RE ENGINE」

csopdodukaqwwvu出典:twitter画像

「RE ENGINE」というカプコンの最新技術は、「バイオハザード7」のために開発された新エンジンだ。

L’Arc~en~Ciel(ラルク)新曲『Don’t be Afraid』で使用「RE ENGINE」の性能は、実写映画に匹敵するフォトリアルな表現を 実現。

さまざまなオブジェクトの質感はもとより、空気中にただよう埃などのディティールまでも 描き出すカプコンの誇る世界最先端技術。

L’Arc~en~Ciel(ラルク)の新曲でも使用された「RE ENGINE」は「バイオハザード7」への実装を皮切りに、さまざまな作品へと採用される予定。

L’Arc~en~Ciel(ラルク)新曲『Don’t be Afraid』ミュージックビデオ

今年で20周年を迎えるゲーム「バイオハザード」シリーズと、バンド結成25周年を迎えるL’Arc~en~Ciel(ラルク)のコラボレーションプロジェクトが実現。

L’Arc~en~Ciel(ラルク)新曲『Don’t be Afraid』のミュージックビデオでは、「RE ENGINE」を駆使し、メンバーが3DCG化でL’Arc~en~Ciel(ラルク)がゾンビ化。

最新ゲーム「バイオハザード7」 でも使用されている最新の技術を採用したRE ENGINEを駆使し、メンバーを3DCG化。

L’Arc~en~Ciel(ラルク)メンバーのフォトスキャン、モーションキャプチャーを経て、デジタルキャラクターに変身。

バイオハザードシリーズの世界を舞台に、ゾンビたちと生き残りをかけて戦っていくという、これまでにないまったく新しい音楽映像体験ができる世界初VRミュージックビデオとなる。