TBSで約3分間もの放送事故が無かったことに?原因は人為的だった



生放送で放送されている情報番組「ゴゴスマ〜GOGO!Smiel!〜」(月〜金曜後13:55)で10月31日の生放送で放送事故が起こり話題となっている。

情報番組「ゴゴスマ〜GOGO!Smiel!〜」はCBCテレビで制作されTBS系列局でも配信されている。そんな全国区の番組で、生放送中の午後3時25分から約3分間もの間に映像が流れず静止画に切り替わる事態となった。

最近ではなかなか見なくなった放送事故に原因は何だったのか。また視聴者の間では生放送だけになにかあったのかなど、ネットやSNSでは話題となった。

TBSの情報番組生放送で放送事故

出典:ゴゴスマ 公式ツイッター 画像

放送事故が起こったのは、世間も注目していた高円宮家の三女・絢子さま(28)と日本郵船社員の守谷慧さん(32)の結婚披露晩餐会の話題の後だった。

生放送で放送されていた午後3時25分頃、結婚披露晩餐会の映像が流れスタジオからCMに入るタイミングで最近ではあまり見なくなった水色の静止画に突然切り替わり、

「恐れ入りますが、このまましばらくお待ちください」

と表示されていたのだった。午後3時28分には渋谷のスクランブル交差点が映り無事に復旧したのだが、約3分も映像が静止画像だったにもかかわらず何事もなかったかのように番組は進んでいったのだった。

放送事故は無かったことに?そのまま番組が進む

「ゴゴスマ〜GOGO!Smiel!〜」の司会を務めるCBCテレビの石井亮次アナウンサー(41)は、

「ハロウィーン本番の10月31日ですが、渋谷の街、中継です」

とまるで放送事故があったことが無かったかのように渋谷センター街入り口にいるリポーターであるフリーアナウンサーの奥平邦彦(46)に呼び掛けたのだった。その後、午後3時47分頃に、

「さきほど番組放送中に映像音声が乱れましたことをお詫びいたします」

と謝罪テロップが表示。どうやらCBCテレビが放送されている名古屋地区では放送事故となったようなトラブルはなく、TBSのエリアで発生していたようだった。

TBS以外は通常通りCMが流れ、「ゴゴスマ〜GOGO!Smiel!〜」の司会を務めるCBCテレビの石井亮次アナウンサーも放送事故には全く気がついていない状況だった。

約3分間も映像が流れない原因は?

出典:ゴゴスマ 公式ツイッター 画像

ハロウィンで渋谷などでの問題が話題となっている10月31日に放送された「ゴゴスマ〜GOGO!Smiel!〜」の生放送中午後3時25分頃、突然約3分間もの間に映像が流れず静止画に切り替わるという放送事故が起こった。

最近ではあまり見なくなった映像が流れず静止画という状態が約3分間も続いたことにSNSやネットでは話題となっていた。そのことについて同局広報部は、

「原因は、別の作業のデータが本放送で誤って流れてしまった人為的なミスです。既に対策はとってあり、今後、このようなことが起きないよう徹底してまいります」

と、今回起こった放送事故は人為的なミスで別の作業のデータが本放送で誤って流れてしまったと原因を発表した。