六本木クラス新ビジュアル解禁!竹内涼真ダサい髪型?本家の梨泰院クラス超えるか

韓国の超人気ドラマ「梨泰院クラス」(イテウォンクラス)を日本版にリメイクした「六本木クラス」(テレビ朝日系/毎週木曜21時)が7月にスタートする。そんな本作の新ビジュアル(ポスター)が解禁され、ネオン輝く3つのシーンが登場人物それぞれの複雑な心情を表している。

超人気ドラマのリメーク作品なだけに、期待もある一方で、「本家越えは無理」「ダサいできばえになりそう」といった前評判も。果たしてその実情は?

人気韓国ドラマの日本版リメーク

俳優の竹内涼真が主演する7月7日スタートのドラマ『六本木クラス』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)より、ポスタービジュアルが解禁され、注目が集まっている。

本作で描かれるのは、絶望の淵に立たされた青年が報復を誓い、金と権力を振りかざす巨大企業に屈することなく仲間と共に立ち向かっていく姿だ。

「下剋上」を主軸に、ラブストーリーそして青春群像劇を交錯しながら描いた韓国ドラマ『梨泰院クラス』のリメーク作品となっている。六本木クラスでは、登場人物も韓国人から日本人となっているが、ストーリーに大きな違いはないようだ。

主役の宮部新を竹内涼真、ダブルヒロインで楠木優香役を新木優子、麻宮葵役を平手友梨奈が演じる。また、竹内涼真演じる主人公の宿敵として、香川照之が出演している。

このたび解禁されたポスタービジュアルには、きらびやかな六本木の街を背景に、竹内とダブルヒロインの新木、平手、そして竹内の宿敵となる香川照之が集結している。オレンジやピンク、ブルーなど輝くネオンによって受ける印象が変わり、さらに4人それぞれが見せるどこか意味深な表情は、これから待ち受ける複雑な人間ドラマを想像させる。

六本木クラスのあらすじは?

この物語では、自分を絶望の淵に追いやった巨大飲食産業「長屋ホールディングス」の会長・長屋茂(香川)に報復を誓った宮部新(竹内)が、六本木に居酒屋「二代目みやべ」を開いて、店のスタッフと共に飲食業界のトップを目指す。

このたび解禁されたポスターでは、そんな若者たちが挑んでいく場所・六本木の街で宮部新と長屋茂が相対する様子をドラマチックに描写されていることがわかるだろう。

ドラマでは竹内涼真演じる主人公・新の報復劇を中心に、彼の同級生で初恋の人である楠木優香(新木優子)と、新に影響を受けて「二代目みやべ」店員となる麻宮葵(平手友梨奈)の豪華ダブルヒロインが、新を巡り繰り広げる恋の三角関係や、新と共に飲食業界でのし上がることを目指す「二代目みやべ」スタッフとの青春群像劇が描かれる。

その過程で生まれる温かい気持ちや緊張感、複雑な心境など、登場人物たちの心情がこの1枚のポスターに凝縮されているといって良いだろう。

注目のドラマ『六本木クラス』は、テレビ朝日系にて7月7日より毎週木曜21時放送開始される(初回10分拡大スペシャル)。

本家に迫るか!竹内涼真の髪型ダサい?

注目が集まる作品である一方で、リメーク作品には毎回、批判の目が向けられることも事実だ。まだ放送は始まっていないが、前評判を見ると、期待しているという声もある一方で、「韓国ドラマを日本版にしたところで…」「地名を変えればいいというものではない」「タイトルを寄せる必要がない」といった厳しい意見も。

「出演者のファンが楽しみにしているだけ」「本家のファンは見る必要なし」「違う物として見れば面白いのだろうか…?」といった意見も散見された。

https://twitter.com/Kh1miGx/status/1518780505734680576?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1518780505734680576%7Ctwgr%5E%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2Faffigolrich.com%2Froppongiclass-kanso%2F

竹内涼真の髪型に関しても、「本家に寄せる必要はなかった」「いが栗」「かわいそう」という声も聞こえてくる。これで実際のドラマが非常に評判がよければ丸く収まるのだが。まずは7月7日の初回放送を待とう。