キンキキッズ20年前主演のドラマ『ぼくらの勇気~未満都市』とは?今夏復活あらすじ・内容



キンキキッズ主演のドラマ『ぼくらの勇気~未満都市』が今夏20年ぶりに復活

1997年の土曜9時枠で放送されKinKi Kids(キンキキッズ)が主演となり大人気だった連続ドラマ『ぼくらの勇気~未満都市』(土曜9時枠・平均視聴率16.8%)の最終回から今年で20年となった。

ドラマで主演を務めたKinKi Kids(キンキキッズ)の2人も今年デビュー20周年となり、これを記念しドラマ『ぼくらの勇気~未満都市』のその後を描いたドラマが放送されると発表された。

このドラマ『ぼくらの勇気~未満都市』の最終回では、「20年後、またこの場所で会おう」と言って別れた主演のKinKi Kids(キンキキッズ)の2人が『ぼくらの勇気~未満都市SP(仮)』でその約束を果たすこととなった。

キンキキッズ主演のドラマ『ぼくらの勇気~未満都市』とは?

楽天市場 愛されるより 愛したい [ KinKi Kids ]

ドラマ『ぼくらの勇気~未満都市』は日本テレビ系の土曜9時枠で1997年に放送。 主演のKinKi Kids(キンキキッズ)が歌うの主題歌「愛されるより 愛したい」は160万枚以上の売り上げを記録。

物語は大地震が起きたというニュースを聞き友人を探しにきた高校生のヤマト(堂本光一)と、同じく高校生のタケル(堂本剛)は、物々しい警備を潜り抜けフェンスで囲まれた街に潜入した。

そこで見た光景は、大人が死に絶え子どもたちだけになった無秩序な混乱した世界だった。ヤマトとタケルは様々な問題や事件を乗り越えながら仲間とともに暴力に支配された子どもだけの街に秩序を取り戻していくというストーリー。

「20年後の今日、俺たちでまたこの場所に集まろう」

と、20年前の戦いの最後となったドラマの最終回が現実になった。ドラマ『ぼくらの勇気~未満都市SP(仮)』演出は堤幸彦、プロデューサーは櫨山裕子と制作スタッフも20年前と同じ布陣で挑むということだ。

キンキキッズ主演のドラマ『ぼくらの勇気~未満都市』あらすじ

千葉県の臨海幕原(幕張がモデル)地区で大地震があったとのニュースを聞いたヤマトは友人であるキイチを探しに千葉県の臨海幕原地区へ、また、大地震があったとのニュースを聞いたタケルは災害ボランティアをしに幕原地区に乗り込んだ。

だが、ヤマト・タケルの2人が目にした物は地震というのは政府による情報操作で、実際には微生物「T幕原型」に汚染されてしまうというバイオハザードが発生していた。

このT幕原型というのは、皮膚接触によって感染し、大人が感染すると数時間で死に至る。発病時期には多少の個人差があるようで、19歳で死亡する者もいれば20歳になってからもしばらく生存する者も。

大人は死に絶え未成年だけの街になった臨海幕原地区は政府によって町全体が封鎖されていた。その後、ヤマトやタケルは、様々な問題や事件を乗り越えながら仲間をつくり、力を合わせ暴力に支配された子供だけの街に秩序を築いていく。

ドラマ『ぼくらの勇気~未満都市SP(仮)』 公式ホームページ