市川海老蔵の主演ドラマ第一話を見て闘病中の小林麻央「ゲラゲラ笑って」楽しんでいた



歌舞伎俳優の市川海老蔵が27日、市川海老蔵主演のテレビ東京系時代劇「石川五右衛門」(10月14日スタート、金曜20時)の取材会に出席。

市川海老蔵主演のテレビ東京系時代劇「石川五右衛門」の面白さに、妻で闘病中の小林麻央も第1話を見て「ゲラゲラ笑って」楽しんでいたとコメントしている。

市川海老蔵主演のテレビ東京系時代劇「石川五右衛門」

cll6qj5veaavbya出典:市川海老蔵の主演「石川五右衛門」 公式twitter 画像

市川海老蔵の主演ドラマは、NHK大河ドラマ「武蔵MUSASHI」から13年ぶりとなることで話題となってた。

市川海老蔵が主演を務めるテレビ東京系時代劇「石川五右衛門」の物語は、豊臣秀吉(國村隼)が天下を取っていた時代、庶民のために悪事を働く大名や商人から財宝を盗み、分け与える大泥棒・石川五右衛門(海老蔵)の活躍を描く。

主演として市川海老蔵は「石川五右衛門」の1話を見たそうで

「1話を拝見させていただいて、今までにない時代劇だなと率直に思いました」

とあいさつ。昨年の12月から今年の夏前まで「とびとびで」撮られたため、仕上がりについて

「私もちょっと不安でした」

と、市川海老蔵が主演を務めるテレビ東京系時代劇「石川五右衛門」の出来に本音を漏らした。

市川海老蔵主演「石川五右衛門」を妻・麻央と見て

しかし、市川海老蔵は主演の「石川五右衛門」1話を見て

「時代劇なのに笑っちゃう。言葉は悪いですけど、こんなにばかばかしい時代劇はないなということで。1話で2時間ぐらいあるんですよね。妻の麻央もずっとそれを見てゲラゲラ笑っておりました」

と、闘病中の小林麻央の反応に内容に手応えをつかんでいる様子。定番の時代劇にはないような映像編集、ストーリー展開をしているという市川海老蔵は主演の「石川五右衛門」。

どんなシーンで笑っていたのかの質問に

「プライベートな質問はやめてください」

と、笑いを誘った後、

「いくらなんでもこんな風にならないだろうみたいな結末とか、そんなに上から降ってくるの?みたいな。どん引きするぐらいのがある。それが面白いんですよね」

と、市川海老蔵は主演の「石川五右衛門」を猛アピール。

「そういう部分で妻が笑っていたんではないでしょうか。ゲラゲラする部分が、内容でゲラゲラではなくて、映像で『えー?』というやつですね」

と、妻の小林麻央の「ゲラゲラ笑って」反応を思い返していたそうだ。