安藤サクラが民放の連ドラ初主演!脚本バカリズム あらすじは?

  • URLをコピーしました!

女優安藤サクラ(36)が2023年1月期の日本テレビ系列ドラマ「ブラッシュアップライフ」(日曜後10・30)に主演することがわかった。

映画『百円の恋』『万引き家族』で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、さらに『万引き家族』ではカンヌ国際映画祭コンペティション部門パルムドールを受賞、朝ドラ『まんぷく』(NHK総合)でヒロインを務めた安藤サクラが、本作で民放連続ドラマ初主演を飾る。

ドラマ「ブラッシュアップライフ」は、33歳の女性が赤ちゃんに戻り、人生をやり直すことになる「タイムリープヒューマンコメディー」だ。脚本をお笑い芸人のバカリズム(46)が担当する。

「ブラッシュアップライフ」あらすじは?

ドラマ「ブラッシュアップライフ」は、地元の市役所で働く実家住まいの33歳独身女性・近藤麻美が、ある日突然人生をゼロからやり直すことになる、「タイムリープヒューマンコメディ」だ。

実家で両親と妹と4人で暮らし、市役所勤めという平凡な人生を過ごす麻美はある日、気が付くと赤ちゃんとして産婦人科のベッドの上にいた。彼女は若き日の両親と対面し、2周目の平凡な人生を始めることになる。安藤は麻美役でオファーを受け、キャスティングされた。

ゼロから2周目の人生を送る女性の日常を、バカリズムの脚本でユーモアたっぷりに、壮大なスケールで描く。主人公が“人生をゼロからもう一度やり直す”というドラマの内容にちなみ、安藤とバカリズムがそれぞれ自身の子供時代にタイムリープしたかのような“タイムリープ写真”が公開された。

おさげ姿の安藤サクラ(5歳頃)とおもちゃを手に微笑むバカリズム(5歳頃)の面影のある可愛らしい幼少期と現在の2人が共演している。番組公式サイト、公式SNSなどで同写真が公開されている。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!