注目キーワード

King Gnuドラマ主題歌決定!井口のツイッター復活も話題

人気バンドKing Gnu(キング ヌー)が、10月10日(土)に日本テレビ系でスタートする新ドラマ「35歳の少女」の主題歌を担当することがわかった。

同ドラマでは、10歳で不慮の事故に遭い、心が少女のまま35歳となって25年ぶりに目覚めた柴咲コウ演じる主人公と、彼女をとりまく周囲の物語が描かれる。

King Gnuは先日、熱愛報道後に休止していたボーカル・井口理(さとる)のツイッターが5ヶ月ぶりに再開し、話題となったばかりだ。

ドラマのために書き下ろし

「35歳の少女」は柴咲コウ主演、遊川和彦(ゆうかわかずひこ)が脚本を手がけるホームドラマだ。

主題歌はKing Gnuがこのドラマのために書き下ろした新曲「三文小説」に決定。

出典:音楽ナタリー

台本を読み込んだ常田大希(ボーカル・ギター)が、脚本の遊川氏、大平太プロデューサーとディスカッションを重ねて完成した楽曲となっている。

なお「三文小説」はドラマの初回オンエアで解禁されるため、ファンにとってはドラマ開始が待ち遠しいことだろう。

Queenの再来か

昨年の紅白歌合戦で世間の注目をかっさらったKing Gnuだが、意外にも2020年に入ってからはしばらく新曲をリリースしていなかった。

ボーカルでギターの常田は、意気込みを以下のようにコメントしている。

2020年、我々King Gnuはアルバム“Ceremony”をリリースして以降、一曲たりとも新曲をリリースせずに、じっくりと自分達の生き方を見つめ直してきました。そんな中でこの“35歳の少女”という素敵な作品と巡り合いまた新たな一歩を踏み出す訳です。ご期待ください。

音楽ナタリー

主演の柴咲コウも曲が気に入ったようで、非常に好意的なコメントを残している。

失われた25年間を懸命に生きている役を演じるいまの私には、沁みすぎる歌だ。

毎日を、揺らぎながらも頑張って生きている自分を、自分以外の誰か、一人でいい、少しでいい。

理解してくれる人がいたら、それは、とても有難く幸せなことなんだ。

「35歳の少女」のキャラクターそれぞれの業、心に抱く違和感、日々の葛藤にこの曲が溶け込み、

より一層の深さと彩りを与えてくれるに違いない。

音楽ナタリー

また、プロデューサーである大平太氏は、King Gnuのことを「Queenの再来」と絶賛してやまないという。

ますます新曲の解禁が楽しみだ。

井口のツイッター復活にも注目!

冒頭にも述べたように、井口は今年4月、写真週刊誌「FRIDAY」で元アイドルユニット「ゆるめるモ!」あのちゃんとの交際が報じられた。

その直後、インスタグラムのストーリーで心境を吐露。

「前々から色んな声が自分には雑音になってしまっていたので、ツイッターはやめてインスタのんびりやっていきます~。ぼくは元気です」

と報告し、ツイッターのアカウント削除していた。

しかしそんな井口のツイッターに先日動きが起きたとネットニュースになった。井口は5ヶ月ぶりに自身のツイッターを再開させ、

「これからまた色々と情報解禁あるのでTwitter再開しますよろしく~お楽しみに~」

とツイート。これにはファンが即座に反応し、1時間強で4万件近い「いいね」が集まり、注目度の高さを見せつけた。

なお、コメント欄にはツイッターの新機能である「コメント制限」がつけられており、誰でもコメントができるわけではないようだ。

宣言どおり、さっそくツイッターでも新曲の情報を投稿。意気込みを見せた。

ドラマにも新曲にも、井口のツイッターの今後にも注目だ。