元アジアン馬場園梓は現在もかわいい!イジメを受けた過去?結婚してる?

  • URLをコピーしました!

バブル経済絶頂期の1980年代と現代の日本を舞台に、学生時代と大人になった「SUNNY」メンバーの笑いと涙の青春物語を、松田聖子や松本伊代など1980年代のJ-POPが彩る今作。馬場園梓が演じる「桜」は食いしん坊で豪快な役柄。

自身の配役について馬場園梓は、「食べるのが大好きで、3歳からずっと体型が丸いんですけど生かせる時がきました」とほほ笑んだ。人生初ミュージカルに挑むため、まずは腹式呼吸の練習も行っているという。

通信販売でプラスチックの壺を買ったことを明かし「口に当てて『あー』って大きい声出しても、近所に響かないっていうちょっと怪しい壺を買いました。しっかり変な壺で腹式呼吸を練習して、皆さんと一緒に舞台を作り上げていけたらなと思っております」と語った。

元相方・隅田美保にも言及

今回共演する個性豊かな「SUNNY」メンバーに「宝塚のトップスターや大女優の方など素晴らしい方々ばかり。正直プレッシャーはありますけど、最初の顔合わせの時に『なんかあったらめちゃくちゃ怒ってください』って言おうと思います」と張り切っている。

また、元相方の隅田美保が先に舞台女優に転身していることについても言及。隅田は女優になるためにお笑いの世界から足を洗ったとされているが、そんな元相方については「本当に今が一番かわいい。一番人生楽しんでるなと思います」と認めた。

そのうえで自身の女優業については「お笑いの生の舞台で、その場でしゃべって、その場で笑ってもらえるという快感は一度はまるとやめられない。それは続けながら、女優の仕事も…」と今後のオファーを期待した。馬場園は今回が初のミュージカルだが、これまでもドラマには多数出演している。

関連記事 元「アジアン」隅田美保の47歳現在は女優に転身!最新ショットが美人と話題で整形? | トレンド速報net (dethein.net)

馬場園梓は子ども時代いじめられていた

会見の中でいじめやいじわるについて聞かれると、「数人に囲まれていじめられたこととかたくさんあった」と告白。毎日リボンをつけて幼稚園に行っていたが、「オシャレ」と園の「全員」にはやしたてられるように取り囲まれ、祖父のアイデアでスポーツ刈りに。すると「だれにも(いじわる)言われなくなった」と笑った。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

某鉄道会社で広報を担当のち、脱サラして世界を放浪しているayaです。オランダ移住が目下の目標です。よろしくお願いします。