注目キーワード

新垣結衣と星野源が結婚で逃げ恥婚トレンド入り!いつから交際で妊娠しているのか

歌手で俳優の星野源と、女優の新垣結衣の2人が結婚を発表した。これまでに2人の熱愛報道などはなかったことにくわえ、2016年の連続ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」(TBS系)で夫婦役を演じたカップルなだけに、驚きと注目でネットは沸き立っている。

2人の名前だけでなく、「逃げ恥」「逃げ恥婚」「ガッキー」「おげんさん」(星野源の愛称)などのほか、「逃げるは恥だが役に立つ」の作中での2人の役名などもトレンド入りを果たした。

結婚とあわせて新垣結衣は、所属していた「レプロ」を離れてフリーで活動していくことも発表した。ここ近年はドラマ出演などが減っており、このタイミングで独立するのは、家庭にはいって個人のペースで仕事をしていくつもりなのでは、といった指摘もある。

2人のなれそめは言わずもがな「逃げるは恥だが役に立つ」での共演であろうが、いつから男女関係が始まっていたかなどにも注目が集まっている。

連名で結婚を報告!今後は独立して芸能活動

出典:オリコンニュース

女優・新垣結衣(32)と歌手で俳優の星野源(40)が結婚することが今月19日、発表された。2人は2016年放送のTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で契約結婚をした夫婦役として共演している。報道各社に連名でコメントを発表した。

「私たち、星野源と新垣結衣は、このたび結婚する運びとなりました事をご報告させていただきます。これからも互いに支え合い豊かな時間を積み重ねていけたらと思っております。未熟な二人ではございますが、温かく見守っていただけますと幸いです。今後ともご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。最後になりますが、新型コロナウイルスの感染拡大が1日でも早く終息する事を、心よりお祈り申し上げます。」

報道各社へのコメントでは、2人は上記のようにつづった。また新垣は、新垣は、自身の公式サイトでも結婚を報告。

「10代の頃からこの仕事を始め、本当にたくさんの方に支えていただき、今日まで活動を続けて来ることができました。現場で試行錯誤する日々はそれはそれは刺激的な毎日で、いつしかその分、私生活は低刺激な時間を求め心がけ過ごしてまいりました。そんな私が、皆様に私生活についてこのような報告をする日が来るとは」

などとコメント。新垣は自他共に認める「インドア派」で、最近では仕事を減らして家での時間を楽しんでいるといった旨の報道も多かった。「私生活は低刺激な時間を求め」のくだりは、そういったことを指しているのだろう。

また「この度、私、新垣結衣はレプロエンタテインメントとの専属マネジメント契約を終了し、今後は個人として活動していくことになりました」とも発表。芸能活動を始めて20年という節目の年での決意だということも述べた。

当面はマネジメント契約を一部継続し、「引き続きサポートしていただく形で、自分のスタイルをじっくりと構築してまいります」と説明した。

交際開始はいつ?今年かそれとも2018年?

人気芸能人同士の結婚ということもあって、世間からも芸能人からも祝福のコメントが溢れ返っている2人の結婚だが、不思議なのはこのタイミングで結婚に踏み切ったことだ。

星野は交際時期について、今年はじめに放送された『逃げるは恥だが役に立つ』SPでの再会をきっかけに、《結婚を前提にということで交際を始めました》と明かしている。

しかし、実はもっと早い時期から愛を育んできたようだと報じているメディアも少なからずある。2018年には『女性セブン』が星野が新垣の近所に引っ越したことをスクープしている。

この段階ですでに2人は“いい関係”に発展しているのではないかと勘ぐったメディアも少なくなかった。当時、すぐにも結婚に踏み切るのではないかと芸能マスコミは目を光らせ続けてきたが、なかなか“発表”がなくしびれを切らしていたようだ。

仮に交際が「逃げ恥」時点から始まっていたとしても、結婚に踏み切らなかった理由の一つには、双方が人気者で忙しかったことが挙げられる。特に星野は15年から20年まで6回連続でNHK紅白歌合戦に出場。19年には5大ドームツアーを成功させるなど、歌手として着実にステップアップしてきた。

また一方の新垣も、「逃げ恥」のあとには18年10月期に連続ドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系)に主演し、昨年も「親バカ青春白書」(同)に出演した。CM出演も明治や任天堂など大手ばかり。ギャラは1本あたり6000万円以上と報じられた。

結婚なぜ今?妊娠してる?

そんな人気女優の新垣は、言わずもがな所属事務所の「レプロ」にとっては非常に大事な存在だったことだろう。かつてレプロに若手人気女優として所属していたのん(当時は能年玲奈名義)や、千眼美子(当時は清水富美加名義)も、期待のホープだったがトラブルを抱えて退所してしまった。

そのような背景を考えると、必然的にレプロが新垣に頼る比重が増え、新垣も期待に応えるべく奮闘していたのではないかと思われる。しかしそれも、芸能活動20年という節目の今、新垣本人としても何か思うところがあったのだろう。

これまで秘密裏に交際をし、愛を育んできた2人だが、仕事を優先して後伸ばしにしてきた結婚も、するなら今しかないと踏み切ったのかもしれない。

うかうかしていると、新垣の出演が発表されている22年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の撮影も始まってしまう。スケジュールが過密化する前に、このタイミングで、ということになったのではないだろうか。

女性芸能人に結婚報道があると、往々にして「妊娠説」もあわせて出てくる。新垣に関しては、現時点では妊娠に関する発表は一切ないが、安定期に入ってから報告という場合も。今後、情報がどんどん出てくる可能性もあるので、引き続き注目だ。