Twitterアカウントで過去・最新記事配信中です

相武紗季の現在は37歳で2児の母!久々テレビ出演で相変わらず可愛いと話題

お笑いコンビ・オードリー司会、浦野モモアナウンサーがアシスタントを務める日本テレビ系『オードリーのNFL倶楽部』が12月15日深夜に放送され、不定期出演している女優の相武紗季が約1年ぶりの出演を果たした。

相武紗季は父親が元アメリカンフットボールの選手ということもあり、大のアメフトファン。オードリーと1年ぶりに熱いアメフト談義を交わし、終始ハイテンションの充実した時間を過ごしていた。

2016年に一般人男性と結婚し、2017年に第一子を、2020年に第二子を出産した相武紗季。第一子の妊娠発表後に活動を休止し、その後は育児に専念していた時期もあったが、最近は芸能活動をどの程度しているのだろうか?

相武紗季とオードリーがアメフト談義

2015年以降、日本テレビ系『オードリーのNFL倶楽部』に不定期出演している女優の相武紗季。元アメリカンフットボール選手の父の影響でアメフト大好きの相武は、昨年12月23日放送回に出演して以来、ほぼ1年ぶりの登場となり、久々のオードリーとの再会を喜んだ。

本編の冒頭で浦野アナウンサーから紹介されると、「ただいま!」と久しぶりの出演にニコニコ顔だった相武紗季。今週は、「推し選手」のトム・ブレイディ選手擁するタンパベイ・バッカニアーズが、相武紗季がかつて留学したサンフランシスコをホームとする49ersと対戦。

そんな背景もあり番組内では「相武紗季ボウル」と命名された一戦は、彼女の推し選手を所属するバッカニアーズが終盤まで無得点。まさかの完封負けを喫するのではないかと、前回出演時の苦い思い出(※注)がフラッシュバックしそうな流れに。

1 2 3