かっぱ寿司がすしなどが食べ放題サービスを13日から開始!価格・内容・実施店舗



大手回転すしチェーンとして「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイト(横浜市西区)が6月12日、全国の店舗の内一部店舗にてすしなどのメニューが食べ放題になるサービスを13日から実施すると発表し話題となっている。

全国でチェーン展開されている「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトは2017年3月期には、連結最終赤字になってしまい、今回のキャンペーンで今後の利益に反転攻勢へとつなげたい考えだという。

「かっぱ寿司」は、大手回転すしチェーン店の競争激化と品質・サービスレベルの低下により来店客が減少していると言われている。

昨年の10月には、看板のデザインを変更するなど企業イメージや「かっぱ寿司」ブランドの新たなイメージへの取り組みも進めたが効果は限定的だったようだ。

新たなイメージへの取り組みなどの不採算店の減損損失なども加わり、「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトは2017年3月期に58億円の連結最終赤字となってしまった。

かっぱ寿司がすしなどが食べ放題サービスの価格・内容とは?

出典:かっぱ寿司 公式twitter 画像

「かっぱ寿司」で起死回生を狙って13日から実施されるキャンペーンの食べ放題サービスは、食べ放題になるメニューは、すしやデザートなどドリンクバー付きの80種類以上。

注目されている価格は男性1580円、女性1380円(税別)。小学生と65歳以上はそれぞれ780円、980円の特別料金で、小学生未満は無料となっている。

さらに680円を支払えば、ビール、ハイボール、レモンサワーなどのアルコール類まで飲み放題になるという。平日午後2~5時が対象で制限時間は70分間だという。

破格とも思われるこの「かっぱ寿司」で13日から実施されるキャンペーンの食べ放題サービスに注目が集まっている。

かっぱ寿司がすしなどが食べ放題サービスの実施店舗

全国347店舗のうち、青森県から大分県までの20店舗で実験的に7月14日まで実施するという。食べ放題を実施するのは以下の20店舗。

八戸類家(青森県)・仙台泉バイパス(宮城県)・佐野(栃木県)・太田(群馬県)・蕨(埼玉県)・佐倉寺崎、鴨川(千葉県)・北新横浜(神奈川県)・逢谷内(新潟県)・南松本(長野県)・名古屋守山(愛知県)・一宮インター(愛知県)・小牧(愛知県)・堺美原(大阪府)・寝屋川香里(大阪府)・東住吉(大阪府)・西宮前浜(兵庫)・広島南観音(広島県)・八女(福岡県)・大分森(大分県)

もし、お近くの「かっぱ寿司」が食べ放題サービス実施店なら一度足を運んでみてはいかがだろうか?

かっぱ寿司 公式サイト