宝くじの当選確率から1番当たりやすいものは!?大金への確率を上げる方法

 

宝くじの当選確率から1番当たりやすいものは!?

当たり前の話しではあるが、宝くじの当選確率を上げるためには、もともと当選確率の高い種類の宝くじを買えばいい。しかし、当選確率が高い=(イコール)当選金額が低いということだとは皆さんご存じだと思う。

「この売り場から1等が出ました!」

などという張り紙のある売り場に大行列が出来ているのをよく見かけるが、これは結局宝くじが売れている本数が多くなり結果的に当選が出やすいと言うだけで当選確率が高いというわけではない。どの売り場で買っても当選確率はそれほど変わらないのである。

では、どの宝くじが当たりやすいのか?各当選確率から考える

では、どの宝くじが最も当たりやすいのか?と思っている方は多くいると思います。それは一つ一つの当選確率を見れば一目瞭然。

ジャンボ宝くじの一等の当選確率は、1000万分の1。1から37までの37個の数字から7つを選ぶロト7の一等の当選確率は、約1030万分の1。1から43までの43個の数字から6つを選ぶロト6の当選確率は約610万分の1。1から31までの31個の数字から5つを選ぶミニロトは約17万分の1と言われている。

0から9までの数字で4つの並びを当てるナンバーズ4なら1万分の1。同じく3つの並びを当てるナンバーズ3なら1000分の1になる。ただし、当選確率が下がるということは当然当選金額も下がると言うことだ。

そんな中、サッカーくじの『toto』はキャリーオーバー次第で最高6億円という金額で当選確率は約480万分の1になる。

<PR>ネットで宝くじを買うなら楽天銀行

宝くじの当選確率からお得で1番が当たりやすいと思われるものは!?

キャリーオーバー次第で最高6億円という金額で当選確率は約480万分の1というサッカーくじの『toto』は、ジャンボ宝くじの一等の当選確率の約半分ということになる。

しかもこの『toto』は自分でどちらのチームが勝つかということが選択することができ、サッカーの知識があればある程度予想に基づいて数字を絞り込めるという。

その結果当選確率はグッと上がる事となり、他の宝くじに比べて当選しやすくなるのだ。サッカー好きにはかなりお得な宝くじとなっているようだ。

高額当選を狙うのならサッカー観戦を楽しみながら『toto』を買い続けることが1番の近道なのかもしれない。