宮根誠司アナが離婚していた!隠し子がいて嫁は韓国人?ミヤネ屋では触れず

  • URLをコピーしました!

フリーアナウンサーの宮根誠司(60)が昨年末までに離婚していたことが女性週刊誌『女性セブン』(小学館)の取材でわかった。宮根も離婚を認めており、所属事務所も各メディアの取材に、離婚の事実を認めたという。

その報道が出てから初めて、宮根誠司が自身の冠番組「ミヤネ屋」に生出演。離婚報道に言及するのかが注目されたが、口を開くことはなかった。

宮根誠司のプロフィール

宮根誠司は島根県大田市出身。関西大学経済学部卒業後、1987年に大阪・朝日放送に入社。朝日放送の人気情報番組『おはよう朝日です』の司会者(1994年~2010年)として関西での人気を盤石なものにした宮根誠司は、2004年にフリーアナウンサーに転身。

現在は自身の名前を冠した情報番組『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系、2006年~/月~金曜午後1時55分)や、『Mr.サンデー』(フジテレビ系、2010年~/日曜午後10時)の司会として、息の長い活躍を続けている。

プライベートでは、今年春に還暦を迎えた。平日5日間の午後は大阪、週末日曜の夜は東京で生放送をこなす。息が抜けるのは、東京で家族と過ごす土曜日だけ―という生活を長く続けており、東京と大阪に自宅を持ち、行ったり来たりのハードな生活だったが、昨年、そんな生活スタイルが変わったという。

NEWSポストセブン』が報じるところによれば、東京で家族と暮らすマンションのなかで、また別の部屋を新しく借りて、ひとり暮らしをスタートさせたようだという。これが昨年の話だ。

宮根誠司が離婚していた

4月に還暦を迎えた宮根誠司が、プライベートでも大きな節目を迎えていたというのだ。宮根誠司は1993年に元モデルの女性と結婚し、2人の子供に恵まれたが、2004年7月に離婚している。

また2006年8月には、今回離婚が発覚した女性と再婚。知人の紹介で出会った、出版社勤務の女性と結婚したとされていた。2011年5月、その女性との間に娘が誕生している。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!