韓国の女性DJ(DJ SODA)が大阪音楽イベントでセクハラ被害 「人生で初めて」心境吐露

  • URLをコピーしました!

インフルエンサーとしても人気の韓国出身女性DJであるDJ SODAが今月14日、自身のSNSを更新し、大阪で行われた音楽フェスティバル「MUSIC CIRCUS’23」でファンサービス中にセクハラ被害にあったことを報告した。

SNS上では彼女の告発に対して、「露出度の高い服を着なければいい」「観客に近寄らなければいい」といった意見も寄せられたが、大多数の意見はDJ SODA側に寄り添うものだった。

DJ SODAが音楽イベントでセクハラ被害を報告

韓国出身の人気DJ・DJ SODAが、昨日8月13日に大阪・SENNAN LONG PARKにて行われた音楽フェスティバル「MUSIC CIRCUS’23」にて、パフォーマンス中に性的暴行被害に遭ったことを報告した。

「MUSIC CIRCUS」は2014年にスタートし、今年で開催10周年を迎えた音楽イベント。2023年は8月11日から13日にかけての3日間開催され、青山テルマ、JP THE WAVY、Awich、加藤ミリヤ、清水翔太といったアーティストがパフォーマンスを披露した。

DJ SODAは自身のSNSで「日本の大阪ミュージックサーカスフェスティバルで公演を終えましたがその時に凄く悲しい出来事がありました。ファンの方々ともっと近くで楽しんでもらうために、私が公演の最後の部分でいつものようにファンの方々に近づいた時、数人が突然私の胸を触ってくるというセクハラを受けました」と報告。

続けて「あまりにも大きな衝撃を受けて未だに怖くて手が震えています…その時、とても驚いて怖かったですが、一方で私を見て泣いて喜んでくれて好きと伝えてくれるすてきなファンの方々もいて、一旦最後までやりきろうと最大限平気なふりを頑張りました。今はホテルに戻ってきましたが、未だにとても怖いです」と心境を伝えた。

1 2 3
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!