いきものがかり新曲「太陽」を手に復活!不仲説や放牧中エピソードを語る



2017年1月5日に突如「放牧宣言」をして活動を休止し話題となった「いきものがかり」が、グループの結成記念日にちなんで2018年11月3日から活動を再開することが発表された。

前日である11月2日にはSNSなどで集牧宣言され新曲「太陽」を手に帰ってきたと話題となった。

新曲「太陽」のリリースは未定だが、放牧期間中もファンクラブを辞めずに支えた会員には、作詞・作曲いきものがかり名義で初めて書き下ろした新曲「太陽」を収録した1曲入りCDを無料で順次送付しているという。

いきものがかりは来年の2019年には全国ツアーも決定しており放牧から帰ってきたいきものがかりから目が話せない。

いきものがかり放牧で話題となった不仲説の真相

出典:いきものがかり 公式ツイッター 画像

11月2日にJ-WAVE「AVALON~事件です!いきものがかり集牧宣言~」(20:00~22:00)に生出演したいきものがかりのメンバー。放牧宣言後、ネットではメンバーの不仲説が噂になっていたことについて語りだした。

番組ではボーカルの吉岡聖恵が、いきものがかりのリーダーである水野良樹が突然、俺とおまえ仲悪いんだっけ?と言ってきたという。

1カ月に1回くらい放牧中もメンバーが家で集まるくらい仲がいいだけにびっくりしたとコメントしている。不仲説も吹き飛ばすくらいJ-WAVE「AVALON~事件です!いきものがかり集牧宣言~」では和気あいあいとしたトークを繰り広げたいきものがかりにファンも安堵の声がSNSやネットでは上がっている。

放牧中に週刊誌の記者が!

放牧中だったいきものがかりの不仲説を取材しようとしたのか、週刊誌の記者がボーカル・吉岡聖恵の家まで押しかけてきたという。

「家に帰ったらスーツを着た人がいて、「こんにちは」って声を掛けられて、いろいろ訊かれたんですよ。ヘラヘラしてたら、すっぴんの顔をカメラで撮られて、気に入ってないんです(笑)」

と、記者が不仲説の取材に来たのかわからないが家まで押しかけてきた状況を説明。翌々日メンバーの家で集まっていた時にインターホンが鳴ってその記者がまた現れたそうだ。

居留守を使ったらしく、不仲説で僕らを追っているんだったら3人で出たほうがと思ったけど、さすがに勇気がなかったという。

活動休止中にメンバーは何をしていた?

出典:いきものがかり 公式ツイッター 画像

放牧宣言から約2年がたち集牧宣言をして音楽活動を再開するいきものがかり。放牧宣言後この2年でそれぞれどんな活動をしていたかも「AVALON~事件です!いきものがかり集牧宣言~」で語り出した。

リーダーの水野良樹は、この2年間で70曲ほどの曲を書いたといい、シンガーソングライターとして今毎週課題に取り組むペースを保つことがでたと報告。

ボーカル・吉岡聖恵は、グラミー賞を観にロサンゼルスへ行ったり、エド・シーランのパフォーマンスを見たり、旅行をしたりピコ太郎にも合ったという。

2018年10月24日(水)にはソロカバーアルバム『うたいろ』をリリースしている。

メンバーの山下穂尊は、放牧期間中に放牧宣言しているから牛を見に行かないとということでキャンピングカーを買って北海道へいったという。JUNNAのアルバムの曲を書いたり、フェスのナビゲーターなどをしていたことを告白。

集牧し音楽活動を再開したいきものがかりの活躍に注目したい。