注目キーワード

NEWSの加藤シゲアキと小山慶一郎コロナ感染でライブ中止に

ジャニーズ事務所は29日、人気アイドルグループ・NEWSの加藤シゲアキと小山慶一郎が、新型コロナウイルスに感染していることが確認されたと発表した。

手越祐也の不祥事による脱退や、元エースの山下智久の未成年飲酒報道・ジャニーズ事務所退所などで踏んだり蹴ったりのNEWSだが、さらに悲報となった。

ライブは中止に

2人の感染とともに、12月12日と13日の2日間にわたって配信が予定されていた「NEWS LIVE TOUR 2020 STORY」を中止することも、合わせて発表された。

NEWSは最新アルバム「STORY」を携えて今年3月より同タイトルのツアーを行う予定だったが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けて全公演中止になっていた。

そこでオンラインでの開催が決定されたのだが、このたび中止に次ぐ中止となってしまった。

出典:ジャニーズネット オンライン

「楽しみにしてくださっておりました皆様には誠に申し訳ございませんが、何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます」とし、チケット購入者には別途案内するという。

ライブのオフィシャルグッズの販売なども予告されていたが、それらがどうなるのか今のところアナウンスはない。このままお蔵入りになってしまうのだろうか。

感染経路は調査中

事務所の発表によると、加藤は28日午前から37・7度の発熱があり、PCR検査の結果、陽性が確認された。今後は保健所の指導を受けながら、療養および経過観察する。

加藤の感染確認を受けて、NEWSのメンバーや担当マネジャーもPCR検査を行ったところ、小山も陽性であることが確認されたという。

加藤、小山ともに、発症前ではあるが、この数日の間に同社関連施設に立ち入っているといい、29日に該当施設の消毒作業が行われるという。

発表では「濃厚接触者の特定をはじめとする保健所とのやりとりが完了していない状態」だと説明されている。

他ジャニーズに感染してクラスタ発生?

感染経路は現時点では特定されていないとみられるが、不安視されているのが、2人が25日に生出演した歌番組「ベストアーティスト2020」(日本テレビ系)での感染拡大。

他のジャニーズグループとも同時に舞台に立っていたため、各グループのファンからはメンバーの感染を不安視する声が上がっている。

ジャニーズグループからは、嵐、KAT-TUN、関ジャニ∞、King & Prince、ジャニーズWEST、SixTONES、Snow Man、Sexy Zone、NEWS、Hey! Say! JUMPの10組が「ベストアーティスト2020」に出演。

番組内では、各グループが別のグループの楽曲を歌うジャニーズメドレー(2種類)も披露された。

 NEWSは、前半に披露されたメドレー「男性が選ぶ!今聴きたいジャニーズソング」に参加。

このメドレーの最後には、Snow Man、King & Prince、NEWS、ジャニーズWEST、嵐の5組が舞台上に集まり関ジャニ∞の楽曲「無責任ヒーロー」を歌った。

 集まると言ってもグループごとにまとまり、他のグループとは幾分か距離をとる形が取られていた。

舞台裏でのやりとり等も考えれば、ジャニーズ以外の歌唱グループやテレビ局スタッフ、関係者らに感染し、集団感染が発生していても全くおかしくない。

なお、Sexy Zone所属のマリウス葉はこの日、体調不良のために欠席していた。新型コロナウイルスのPCR検査の結果は「陰性」だったこともすでに発表されている。

関ジャニ村上の証言!

そこで注目されているのが、関ジャニ∞の村上信五のラジオ番組「村上信五くんと経済クン」(ラジオ関西)での発言だ。

NEWSの2人の感染が明らかになる前日、村上は同テレビ番組での撮影時のコロナ対策の様子を語っていた。

村上いわく、 「ベストアーティスト」の舞台裏では、感染対策のため厳戒態勢をとり、雑談もほぼ皆無の「殺伐とした、緊張感のある空気」だったという。

「あんまり接触しちゃダメだったから、裏側でも交流もしたらあかんし、ずっとマスクしてるし」

「動線も結構細かくね、クロスしないようにされてるから。で、我々(関ジャニ∞のメンバー)はいいんですよ。グループ同士は一応家族扱いやから、歌唱中は距離縮めてもいいけど、『他のグループに頼むから寄らんといてくれ!』っていう注意されまして。リハの時に」

このように、ほかのグループとは関わりをもたないように指示を受けていたという。これがジャニーズに限ったことなのか、全出演者に共通して徹底されていたことなのかは定かではない。

こういった状況下であれば、マイクなど機材の消毒も徹底されていたことだろう。クラスタ発生が起きていないことを願うばかりだ。