Twitterアカウントで過去・最新記事配信中です

山﨑賢人主演ドラマに松下洸平!「アトムの童」原作やあらすじは?

山﨑賢人が主演を務める、今年10月期のTBS日曜劇場『アトムの童(こ)』に、俳優の松下洸平と岸井ゆきのが出演することが決定した。

山﨑にとっては初の日曜劇場主演。日曜劇場への出演自体は、2017年の『陸王』以来となる。また、松下にとっては初となる日曜劇場出演だ。今回の記事では、あらすじやキャストのコメントなどをご紹介する。

山﨑賢人は天才ゲーム開発者 過去にワケあり?

本作は、『相棒』(テレビ朝日系)、『この恋あたためますか』(TBS系)の脚本を手がけた神森万里江による完全オリジナルストーリー。

ゲーム業界を舞台に、若き天才ゲーム開発者が大資本の企業に立ち向かう姿と、周囲の人たちとの関わりによって成長していく姿を描く。主演である山﨑は、大手企業や販売元を介さず個人でゲームを制作する、通称「インディー」と呼ばれる若き天才ゲーム開発者である主人公・安積那由他(あづみなゆた)を演じる。

「インディー」という言葉に聞き馴染みはないかもしれないが、これはこのドラマの中でのみ使われている単語ではない。

日本はソフト・ハードともに名機・名作を生むゲーム大国であるのは周知の通りだが、ゲームを開発しているのは何も大手企業ばかりではない。実際に現状としても、「インディー」と呼ばれるゲーム開発者が世界中で同時多発し、「Minecraft」など数々の名作が生まれているのだ。

1 2 3