注目キーワード

好発進のドラゴン桜キャスト!紗栄子サプライズ登場でも新垣結衣は絶対出ない

俳優の阿部寛が主演を務めるTBS日曜劇場「ドラゴン桜」は4月25日、初回25分拡大でスタートし、平均世帯視聴率は14・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが分かった。目下、4月クールの民放連続ドラマ初回トップの好発進となった。

2005年7月期に金曜ドラマ枠で大ヒットした学園ドラマの、16年ぶりとなる続編である今作。前作の原作「ドラゴン桜」(03~07年連載・講談社)の15年後を描くが、続編は現代の日曜劇場にふさわしいエッセンスを盛り込んだドラマオリジナルの物語が展開される。

視聴者からは「懐かしい」という声もあれば、「なんだか違うドラマみたい」という声も。前回に引き続き出演しているキャストや、今回生徒役として登場している旬のキャストたちにも注目だ。

阿部寛・長澤まさみが続投!

出典:スポニチ

初回となる25日は、放送中にツイッターで「#ドラゴン桜」が世界のトレンド1位になるなど、好調な発進を見せた。演出は「半沢直樹」などの福澤克雄らが手掛け、脚本は人気放送作家・オークラらが担当する。

本作は、2005年に放送された同名学園ドラマの続編だ。漫画家・三田紀房の「ドラゴン桜2」を原作に、前作ドラマの原作「ドラゴン桜」の15年後を描くが、ドラマオリジナルの展開が予定されている。

2005年放送のドラマでは、落ちこぼれだった龍山高校から東京大学合格者を輩出し、一躍時の人となった元暴走族の弁護士・桜木建二(阿部寛)。その後桜木は法律事務所を設立し、学校再建のエキスパートとして順風満帆な弁護士人生を歩んでいた。

そして時は令和。偏差値32で経営破綻寸前の龍海学園で、教頭・高原浩之(及川光博)が桜木による再建案を提案する。

しかし、「自由な校風」を理想に掲げる理事長・龍野久美子(江口のりこ)は進学校化に反対し、2人の間で意見が割れていた。ちなみに前回、江口は暴走族の役で出演していたため、こちらは驚きの配役。

そして2005年放送のドラマでは彼の生徒「水野直美」として出演していた長澤まさみは、今回も続投。水野は一浪して東大に合格し、弁護士資格を取得。桜木が経営する法律事務所に入ったという設定だ。桜木と水野は東大合格者を出し、学園を再建できるのか?

視聴者らからのSNSでの反応は上々で、「懐かしい」と当時を振り返る声も多かった。一方で、「面白いけど、なんだか違う作品みたい!」という反応も。「半沢直樹を見ているみたい」といった指摘もあった。

紗栄子や林遣都がサプライズ登場!

ほかにも初回放送で話題を呼んだのは、前回は生徒役として出演していた、タレントでモデルの紗栄子の出演などだ。事前告知なしでの出演で、前作のファンは歓喜だったようだ。

紗栄子は前作、東大合格を目指す龍山高校特進クラスの生徒の1人、アイドル志望の小林麻紀役を好演。コギャル風ながら「現役東大生アイドル」の肩書を手に入れようと奮闘した。

「本日放送された『ドラゴン桜2』に、16年ぶりに小林麻紀役で特別出演させていただきました。久しぶりの麻紀ちゃんは、念願の東大出身の人気タレントになっておりました」と、長澤まさみとの共演シーン写真などをインスタグラムに掲載した。

また、俳優の林遣都も事前告知なしで出演。これまで番宣等には一切顔を出してこなかった林遣都だが、レギュラー出演するということで、視聴者やファンにとっては完全なサプライズ。大きな話題となった。

林が演じるのは、長澤まさみ演じる水野の龍山高校時代の後輩・坂本智之役。現在はIT企業を経営。水野に頼まれ、自社システムを駆使して桜木の行方を捜した。

高校時代は水野の後輩にあたるが、彼女が一浪しているために、大学では同期。定期的に集まっては水野の愚痴を聞いて相談に乗るなど、何かと面倒見のいい青年だ。

一方で、過去に東大に落ち、自殺未遂を図った桜木の元教え子・米山(佐野勇斗)と通じて何かを企んでいるような様子も初回ラストで描かれた。今後、坂本と米山の思惑が明らかになっていくことだろう。

生徒役にも注目!高橋海人や平手友梨奈

ドラゴン桜における「生徒役」といえば、前回でいえば長澤まさみ、山下智久、新垣結衣、中尾明慶、小池徹平、紗栄子のように、豪華な顔ぶれ。このドラマをきっかけに知名度を伸ばしたり、ブレイクの一因とした俳優が多かった。

今回も、前作に負けず劣らず旬な若手俳優たちが抜擢されている生徒役キャスト。King & Princeの高橋海人、元欅坂46のセンター平手友梨奈、南沙良、加藤清史郎、細田佳央太などだ。

前作と同じように、これらの若手俳優も本作をきっかけに役者としてさらなるステージに羽ばたくのではと、期待が高まっているようだ。

まず高橋海人は、「ジャニーズ枠」という点以上に、生徒役をリードするポジションとして、前作の山下智久を超える存在感を見せられるのか。

また、ハーゲンダッツのCMへの抜擢や、映画「さんかく窓の外側は夜」「ザ・ファブル」と立て続けに話題作に出演し、視聴者からの注目度が高い平手友梨奈も、作品にどんな風を吹かせるのかと注目が集まっている。

新垣結衣・山下智久は絶対に出ない?

前回生徒役だった長澤まさみが堂々の続投、また紗栄子も特別出演している中で、「絶対に出ないだろう」といわれてるのが、同じく生徒役だった新垣結衣と山下智久だ。

山下に関しては、昨年未成年との飲酒・淫行が報じられ、ジャニーズ事務所を退所し、海外での活動を主軸としている。いい形でジャニーズを離れたわけではない山下が、同じくジャニーズの後輩である高橋と共演することは考えにくいだろう。

新垣結衣に関しては、同世代かつ長身美女ということで、長澤まさみとの「キャラかぶり」が懸念されている。ドラゴン桜の当時はまだ2人とも若く、同じく生徒役だったということで仲良くやっていたようだが、その後はお互い、主演・ヒロイン級の女優になった。そのため、共演するということはほぼなくなり、いつしか「共演NG」まで囁かれるようになったのだ。

また、新垣結衣にはこのあと、大河ドラマの撮影も控えている。大河に備えて、万全の状態で臨もうとしているところに、ドラゴン桜出演の話があったとしても断るというのが現実的だろうとみられているようだ。