注目キーワード

斎藤工が妊娠で相手は上野樹里!いつ結婚?女子大生や中村ゆりとは破局したのか

斎藤工が主演を務めるドラマの最新情報だ。坂井恵理による同名マンガをもとにした、Netflixオリジナルシリーズ「ヒヤマケンタロウの妊娠」が2022年に配信されることが明らかになった。上野樹里が共演する。

プロデューサーも、「つい腰を据えて見たくなる社会派コメディドラマ」と太鼓判。今回の記事では、原作や見どころも紹介していく。

今は独身の斎藤工だが、ファンからは、「いつ結婚するの?」と疑問の声も。かつて、女子大生との交際疑惑なども浮上したことがあった。

斎藤工が妊娠!?つわりなども経験

男性が妊娠・出産するようになって早10年という世界を舞台とした本作の主人公は、広告代理店の第一線で仕事をバリバリこなす“ハイスペック男子”の桧山健太郎(斎藤工)。

ある日突然、妊娠検査薬を使った結果、妊娠していることを知る健太郎。初めは中絶しようと思うが、なかなか決められずに思いとどまる。

そして「男の妊娠・出産」に対する偏見に戸惑いつつも、パートナーである瀬戸亜季(上野樹里)と共に様々な苦労に向き合っていくことになる。「つわり」などの健康上の問題もリアルに迎えることとなる。

そして現代の妊娠・出産にまつわる多くの問題に直面した2人は、産むか、産まないかという大きな決断を迫られることになる。

本作は、「マタハラ」という言葉があるように、妊娠や出産に関する職場での差別は歴然としてある現代日本。その問題に一石を投じる内容になっている。

実は原作である同名漫画(作・坂井恵理)が連載されていたのは、2012年の話。男女差別や妊娠・出産による職場での差別等は、今ほどは問題として捉えられていなかったかもしれない。そういう意味では、当時にとってみれば、社会問題を先取りして投げかけてくる作品だったともいえよう。

また、続編となる『ヒヤマケンタロウの妊娠 育児編』も2019年に連載され、こちらもあわせて好評だった。ドラマは2022年にNetflixで配信される。斎藤工、上野樹里のほかのキャストはまだ明らかになっていない。

監督を務めるのは「ブルーアワーにぶっ飛ばす」の箱田優子と「望郷」の菊地健雄。脚本をNetflixオリジナルシリーズ「新聞記者」の山田能龍、「あのこは貴族」の岨手由貴子、「ミセス・ノイズィ」の天野千尋が手がける。

常識へのアンチテーゼに

出典:映画ナタリー

この作品へのオファーを受けてすぐに、男性妊娠の実例などを調べ始めたという斎藤工。

「日々“今までの当たり前”が見直されながらも、それが覆されるには時間がかかる歯痒い現代における、この男女の役割の入れ替わりを描く本作は、古き悪き常識に対する新時代のアンチテーゼになる可能性を秘めている気がしています」

と、現代日本が抱える問題に一石を投じる作品となる可能性を示唆した。また以下のように意気込みも語った。

「何事にも多様性が求められている昨今、「ヒヤマケンタロウの妊娠」と言う坂井先生が産み出して下さった一つの新しい角度、モノの捉え方を、上野樹里さん、箱田監督、菊地監督をはじめ、日本映画界の要となる素晴らしきキャスト、スタッフの方々と共に作品に愉しく詰め込んで、広く深く軽やかにお届け出来たらと思っております」

パートナー役を演じる上野樹里は、「気軽に楽しめる作品でありながら、ジェンダーやマイノリティ、LGBTQなどへの理解を深めるきっかけとなる作品になれたら」と本作品の毛色に触れたうえで、

「自分らしく生き抜く全ての人へエールを送れるような作品になるよう、亜季を通して自分にできる役割を全力で全うしたいと思います。楽しみにしていてください。」

とファンへメッセージを送った。

斎藤工の恋愛スタイル!好きなタイプは?

今年3月に「グータンヌーボ2」(関西テレビ)に出演した際に、多少明らかになった斎藤工の恋愛スタイル。山田孝之・満島真之介とのトークの中で、恋愛に関する質問にはタジタジでありながらも、「家で彼女と2人きりだとしても普段と同じでのんびりな感じ」などと明かす一面などがあった。

また、自分と同じで静かな人よりは、明るいほうがいいかも、とした。「結婚はいつ?」という質問も出たが、山田孝之による横やりが入ったために遮られる形となった。

女子大生とLINEで交際の過去?中村ゆりと同棲?

斎藤工といえば思い出されるのが女子大生とのLINE内容が暴露されたというもの。パーティー会場で出会ったという2人だが、斎藤工が彼女に自分のLINEのIDなどが書かれた紙を渡して誘ったという。

2人は連絡をとり、食事に行く約束などをしたが、結局女子大生が斎藤の自宅を訪れ、そこで関係をもったという。その後連絡がとどこおるようになり、自然と関係は消滅してしまったということで、いわゆる一夜限りの関係だったようだ。相手は成人しているため、問題にはならない。

2016年のことだった。事務所も週刊誌の取材に対し、「好意をもっていた相手だったが関係はすでに終わっている」と回答したという。

その翌年、2017年には女優の中村ゆりとの同棲や事実婚といったことも報じられた。2人がそれぞれブログにアップした飼い犬のチワワの写真が酷似しており、それが指摘されたのちに写真を削除したためにさらに怪しくなったというものだ。

しかしその後も、決定的な証拠は挙がってきていないようだ。ただ、破局等の情報が出てきていないのも一方の事実。本人たちの口から事実を聞ける日は来るのだろうか。