「逃げ恥」続編が正式発表!みくりと平匡の結婚生活のその後



2016年10月にTBS系で放送され大注目を集め「恋ダンス」が社会現象となった新垣結衣・星野源の主演でドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」通称『逃げ恥』。

原作は海野つなみによる漫画作品の「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」で『Kiss』(講談社)より2012年22号から2017年2月号まで連載され単行本は全9巻発売の大人気漫画。

ドラマでは、新垣結衣演じる森山みくりと星野源演じる津崎平匡の不器用な2人のラブコメディーが話題となり逃げ恥ブームを巻き起こした。

今回、ファン待望の続編情報が正式に発表となった。

「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」続編

11月24日に発売された『Kiss』1月号にて「逃げるは恥だが役に立つ」は、2019年1月25日発売の3月号より再び連載されると発表。

逃げ恥は「就職としての結婚」がテーマの雇用関係として契約結婚をしたみくりと平匡を描く不器用な2人のラブコメディ。

2016年10月に放送されたTVドラマは、新垣結衣・星野源が主演を務め大人気となった。今回発表されたKiss3月号からスタートする逃げ恥の続編では、みくりと平匡の結婚生活のその後が描かれる。

契約結婚から本当の結婚へと惹かれ合ったみくりと平匡の結婚生活がどうなったのかファンのみならず注目である。

ドラマの続編は?

出典:逃げ恥 公式ツイッター 画像

家事全般が得意で基本的には前向きで明るい性格だが、実は自分は小賢しい性格の為、人に嫌われてしまうと思っている森山みくりが契約結婚という形で津崎平匡の家に住込で家事のプロとして働きだすというストーリーで描かれた「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」。

世の男性・女性達をムズキュンで虜にしたドラマの続編にも注目が集まっている。

2018年には続編が発表されると言われていたが早くも2018年11月後半。今年中の続編発表は無いと思われる。

また、3月16日に発売された『女性セブン』では、新垣結衣と星野源の同棲疑惑が報じられており、もしそれが本当ならば共演NGとなり続編は厳しい状況となるようだ。

原作続編でみくりと平匡の結婚生活が描かれることから、当然ながらドラマの続編にも注目が集まっている。今後の発表を楽しみに待ちたい。

あらすじ

大学院を出ながらも就職難で派遣社員になった森山みくりだが、せっかく就職した派遣会社で派遣切りに遭い、無職の身となってしまう。

求職中の我が娘を見かねた父は、家事代行サービスを利用していた元部下・津崎平匡が折りよく家事代行の会社を替えようとしていたところを頼み込んで家事代行の仕事につく事となった。

気難しい性格で、あまり他人に構われることを好まない津崎だったが、みくりとは適度な距離感を保って良好な関係を築く。

だが、定年を機に田舎へ引っ越すという願望を両親が叶えることになり、現状を維持したいみくりは津崎に「就職としての結婚」を持ちかけ、その提案にメリットを感じた津崎は了承。

2人は「雇用主と従業員」という関係の契約結婚という道を選ぶのだった。