Twitterアカウントで過去・最新記事配信中です

松本まりかの意味深ツイートに心配の声殺到!「限界だった」

女優・松本まりかの意味深ツイートの連投が注目を集めている。「あざとい」キャラでここ数年に大ブレイクしている松本だが、本人は「病んでいない」とし、心配しないでと投げかけている。

「あざとい」キャラが、実際の自分と乖離しているということや、「あざとい」という言葉自体がいいイメージではなかったことから、ブレイクし始めた当時には戸惑いもあったということなどについては、以前も雑誌のインタビューで語っていた松本。

このたび、自身のキャラクターと世間の認識差に悩むことがあると改めてツイートした。その一方で、「今は大丈夫なので心配しないでほしい」というスタンスでしめくくった。

「言葉が出てこない」意味深ツイート連投

ツイートが始まったのは今月26日の午前3時ごろ。松本は、「言葉が出てこない どんな言葉を発せばいいか そもそも言葉がない 自分の中にもう、ない だから発したくても 誰かと繋がりたくても 私に言葉は、今もうないから、ちょっと待ってね もう少し貯める時間が必要みたい SNSには自分の率直な言葉を書くべきか みんなが楽しめるような言葉を書くべきか..ね」と意味深に書き込んだ。

続く投稿は上記の画像の通りだ。最初のツイートのみが文章での投稿で、ここからは、画像のように黒い背景に白い文字で、画像での投稿が連続する形となっている。

「いつもいつもいつも笑顔で元気に振る舞ってそんなこともできなくなっていつしかもっと出来るようになって、もう表面上だけで。そこにはもう自分の本質なんてなくてでもずっと楽しくしてた。楽しかったし。楽しいと思わなきゃもう動けなかった。でも本心は置いてけぼり。本心なんてどこにあるのかもわかんなかったし。そんなの探してる労力あったら目の前の事に向かっていけないと追いつかなかった」

と思いを吐露。 その後も、助けを求める書き込みを何度もSNSにしようとして思いとどまったことや、バラエティ番組に出るようになって、バラエティ番組で質問を受けると自然に涙が出てしまうなど、情緒不安定な時期があったことなどを赤裸々につづった。

「私は自分がわからなくなった。本心というか、休みになったら何するの?の問いに答えられなかった。久々の休みに自分が何がしたいかすらわからない。びっくり。何年ぶりに遊びたい、とか、誰かに会いたい、も出て来ない」

とし、忙しさのあまりに自分が自分でわからないような状況になってしまっていた時期があったことを伝えた。

一方で「心配しないで」

「助けてってSOSって何度もツイートボタン押しかけた」「2年前1年半前。限界だった」など心配な文言が続いたが、その一方で、「病んでいない」「心配しないで」といった文言も。

「皆さんがこれを読んだら心配するだろうと言うことも承知でもう吐きました。どんな言葉を綺麗な机上の空論を並べようとしてもそれは嘘だ。綺麗事だ。本音を吐く事からしか始められないと、私は前に進めない」と、こういったツイートをすることになった心境を説明。

その一方で、「本当に元気なのでね、そこだけは」「病んでませんよ」「今、しっかり自己と向き合う中で、どうしても過去の罪を明かさねば進めなくて、そのただ私の、毒出し。進むための一歩のひとりごとです」といった旨のツイートも続いた。

一連のツイートにファンは困惑しているが、「マネージャーさんは休めと言ってくれた」「休まずに働くことを選んだのは自分」として、自分のツイートが大ごとになって、周りの人が責められるような事態にならないように、といった心遣いも垣間見えた。

松本まりかプロフィール

1984年9月12日生まれ、東京都出身。B型。2000年、NHKドラマ『六番目の小夜子』でデビュー。映画『愚行録』、ドラマ『ホリデイラブ』、ドラマ『ブラックスキャンダル』 などに出演。

2018年のドラマ『ホリデイラブ』で、「あざとい」「あざとかわいい」と、その演技が話題になり、ブレイク。2019年のドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』では、ゲスト出演ながらに、その演技が「怪演」として話題となった。

女優としての活動のかたわら、高音の甘い声も特徴的で、声優としても活躍している。「あざとい」キャラながらに、自己研鑽を忘れず、同性も敵に回さない。

そんな彼女なだけに、ブレイクしてからというもの、忙しい日々を送ってきたのであろうことはツイート群からも伺える。彼女が上手にガス抜きをできるタイミングがあればよいのだが。