注目キーワード

人気急上昇の女優・松本まりかブレイクの理由!結婚観など赤裸々告白

一昨年のドラマ「ホリデイラブ」での怪演ぶりが話題となり、そこから徐々に徐々に知名度を上げ、ブレークした女優・松本まりか。

現在は36歳の彼女だが、鳴かず飛ばずの下積み時代を18年間送ってきたことへの気持ちなどを、「文春オンライン」や「AERA」などのインタビューに対して赤裸々に語っており話題となっている。

また、結婚観についても語っている。今やテレビ・ネットニュースなどで見ない日のない人気女優だが、結婚の予定はあるのだろうか?

女優・松本まりかとは?あざとかわいいと注目

透明感のある美しさと、特徴のある甘い声が魅力の女優・松本まりか。今でこそドラマにバラエティに引っ張りだこの女優にまで上り詰めた彼女だが、長い下積み時代を送ってきた。

スカウトがきっかけで芸能界入りを果たし、デビューしたのは16歳のときのこと。鈴木杏が主演で、同名の小説が原作のドラマ『六番目の小夜子』でデビューを果たした。また同年からティーンズ向けの女性ファッション誌『ピチレモン』(学研)のレギュラーモデルに。

その後はドラマや舞台を中心に活動してきたほか、女優業の他にも、特徴的な声を活かして声優などの仕事にも携わってきた。

しかし、本人に言わせてみれば、デビュー時がピークで、「18年間負け続けてきた」下積み時代だった。2018年のドラマ「ホリデイラブ」での演技が話題となるまでは、「誰からも注目されることのない芸能人性を送ってきた」と本人は表現する。

松本は同ドラマで、家庭を持ちながらも、主人公からその夫・純平(塚本高史)を力ずくで奪おうとする井筒里奈役を怪演。男性の庇護欲をくすぐる“あざとかわいい”演技で注目され、ブレイクを果たしたのだった。

「私が初めて「あざとかわいい」という言葉を聞いたのは、2018年のドラマ『ホリデイラブ』で井筒里奈役を演じた時でした。初回放送終了後に、ネットニュースで「あざとかわいい役」と紹介されたのがきっかけで広がったんです」

「造語なのか、もともとあった言葉なのかも知りませんでしたが、そもそも「あざとい」ってあまりいい意味で使われませんよね。ネットでも賛否両論だったんですけど、それまで私は誰からも注目されることのない18年間を過ごしてきたので、こんなにも注目されるというのが衝撃でした」

のちのち松本は「ホリデイラブ」での一件が、「自分の人生をひっくり返した」と表現する。このドラマに出会ったことが、彼女をブレイクへと導いたのだった。

長い下積み時代にも自分磨きを

上記「ホリデイラブ」で話題となるまでは、鳴かず飛ばずの日々だったという。2021年3月に放送された『今夜くらべてみました2時間SP』(日本テレビ系)に出演した際、松本はこんなことを語っていた。

「嫌われるっていうよりも、興味を持たれないって本当に私にとっては恐ろしいことだった。デビューが一番ピークだったんです。新しい子出てきたって注目してもらえて、『君は絶対売れるね』って言われてたんです。そこから急降下していきましたね。だから私はデビュー作を18年間超えることができなかった」

そんな彼女だっただけに、「ホリデイラブ」で話題となった際には、「あざとかわいい」という肩書き自体が好ましかったわけではないが、どんな形であれ注目を浴びたことが嬉しかったという。

以前はポジティブな意味をもたなかった「あざとい」という言葉。しかし近年では、「あざとい」代名詞のフリーアナウンサー田中みな実の再ブレイクや、アイドルグループ日向坂46が歌う 『アザトカワイイ』のヒット、そして2020年からスタートしたバラエティー番組『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)の影響もあり、世の中に「あざとい」という言葉がポジティブな意味でも浸透してきている。

そういった意味合いからも、このタイミングでの松本まりかのブレイクは必然だったとも言えるかもしれない。

もちろん、松本まりかをブレイクへと導いたものは、「あざとさ」だけではない。そもそも「あざとさ」は彼女自身のキャラクター性ではなく、たまたま彼女がブレイクしたドラマで演じた役柄のキャラクターである。

彼女の光るものは、その演技力と、長い下積み時代に磨き続けてきた彼女自身の魅力だ。売れない日々が続いたとき、「事務所の売り出し方が悪いんじゃないか」とも思いかけたが、あるときに「人のせいにしても仕方ない」と思うようになったという。

「自分が輝ける唯一無二の存在になれば、自然とまわりにサポートしてくれる人が増え、使いたいと思ってくれる人も増えるはずです。人のせいにする暇があったら自分を磨いた方がいい。それに、全部自分のせいにすると、確実に成長できます。だから長い目で見たら、そのほうがいい」

「いずれ転機はやって来ると信じて、その機会に恵まれた時は絶対に後悔しないように準備をしておこうと決めていました。演技だけでなく、人間的な魅力を磨くために本を読んだり、映画を見たり。常に備えておくという意識が、日常生活のモチベーションでした」

下積み時代の長さや経験が大人の女性としての魅力を底上げし、批判をしなやかにかわしながら自己を表現する姿が異性だけではなく、女性からも支持されている。

そろそろ結婚を視野に

ブレイク前は、納得のいく仕事ができておらず、自立できていなかったために、「今結婚したら男性に依存することになる」と、結婚に前向きな気持ちになれなかったという松本。

しかし今は、「いつか結婚してもいいかな」と思えるようになったという。結婚や子供をもつという経験をすることで演技にも深みが出るだろうと語る。

今すぐに結婚ということは現実的には考えられないというが、結婚をして子供をもって、という人生に対しても前向きな気持ちになったという。彼女の中で、少しずつではあるが自分の仕事に納得することが出来つつあるのだろう。

現在はドラマ『最高のオバハン』(東海テレビ)に出演中の松本。今回は代名詞ともなった「あざとかわいさ」や「怪演」といった側面を完全に封印し、主人公ハルコに翻弄されながら成長していく地味で平凡な編集者兼ライター、菊池いづみ役で新境地を拓いている。

これからも様々な役柄でその魅力を見せてくれることだろう。本人の言うように、結婚し、家庭をもって演技力に深みがでた松本の姿もいつか見てみたいものだ。