真木よう子がツイッターで脱ぐとファンに約束!主演ドラマ「セシルのもくろみ」の視聴率に注目



女優・真木よう子(34歳)が7月10日にツイッターを更新し、自信が主演するドラマ「セシルのもくろみ」の視聴率が全話二桁台なら脱ぐと、ファンと約束し話題となっている。

ツイッターで脱ぐとファンに約束することとなった真木よう子はこの日、7月13日スタートの連続ドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系)で共演する金子ノブアキ(36歳)の画像をツイッターにアップし、

「皆様のおかげでまさかの初回二桁取れたら、このお方が脱いでくれます!!」

と、冗談半分に金子ノブアキが脱ぐとツイート。これに便乗したファンからは、

「真木さんの生水着の方が破壊力ありそうw」「真木さんはなにしてくれますか?」「真木様がいいです」「よう子ちゃんは脱がないの?」

などのコメントが多く寄せられ金子ノブアキが脱ぐというツイートは約1,500件のリツイート 7,000件のいいねとなった。

https://twitter.com/makiyokohonnin/status/884556097805090816

ひとつひとつのツイートへのコメントに丁寧に返事をした真木よう子は、

「全話二桁取れたら……」「ワタクシは全話二桁取れたら……」

と、自信が主演するドラマ「セシルのもくろみ」が全話二桁視聴率となった場合には、金子ノブアキ同様に脱ぐというニアンスのツイートが話題となった。

「最終回で視聴率30%超えたら真木さんのセクシーショットください!」

との声にも丁寧に反応しコメントし、「承知致しました。必ず」と、ファンと約束している。真木よう子の神対応が話題となりトレンド入りすることとなった。

ドラマ「セシルのもくろみ」原作・あらすじ

真木よう子が主演で話題となっているフジテレビ系ドラマ「セシルのもくろみ」の原作は唯川恵氏著の同名小説。

『女性の幸せとは?』というテーマに専業主婦・独身・共働き・シングルマザーの割合がほぼ同立となった現在、多様化する生活に女性の幸せに切り込む人気作。

あらすじ
北春日部に暮らす主人公の平凡な主婦である宮地奈央(真木よう子)。金型仕上げのエンジニアである夫・伸行(宇野祥平)と中学生の息子・宏樹(佐藤瑠生亮)を送り出し、家事を済ませ、総菜店へパートに行き、夕飯を作って夫と息子の帰りを待つ平穏な日々。

奈央はそんな生活に小さな幸せを見つけそれで満足していた。ある日、そんな平穏で平凡な日々を送っていた奈央に予想外の出来事が。人気女性ファッション誌『ヴァニティ』の編集デスク・黒沢洵子(板谷由夏)から、読者モデルとして突然スカウトされた。

見た目も中身も体育会系な奈央は、正直お世辞にもファッション雑誌の読者モデルとして登場するようなおしゃれ主婦ではない。奈央は驚き、洵子のスカウトを断った・・・・・

ドラマ「セシルのもくろみ」 公式サイト

真木よう子 プロフィール

出典:真木よう子 インスタグラム 画像

真木よう子(まきようこ)1982年10月15日生まれ女優・歌手として活躍中。千葉県印西市出身でフライングボックスに所属している。

4人兄弟で唯一の娘だという真木よう子は、兄と2人の弟に囲まれた男兄弟の中で育つ。小学生の時に『REX 恐竜物語』で同世代の主演だった安達祐実が活躍しているのを見て、芸能界に入りを決意。

中学3年生の時に『無名塾』入りと芸能界入りを相談したところ、父から猛反対を受けるが、真木よう子は「(女優になるのを反対するなら)援助交際してやる!!」と父を脅し、芸能界入りの許可をもらったというエピソードがある。

真木よう子 公式ツイッター

ドラマ「セシルのもくろみ」 予告動画