注目キーワード

【LGBTQ】宇多田ヒカルが性自認をカミングアウト!ノンバイナリーとは?

歌手の宇多田ヒカルが、自身の性自認を「ノンバイナリー」であるとカミングアウトした。いわゆる「レズビアン」や「トランスジェンダー」とも違う「ノンバイナリー」とは、一体どんな性質を言うのだろうか?

宇多田ヒカルのような超有名人が自身の性自認をカミングアウトすることは、多くの人を勇気づけたようだ。今現在、東京都でも同性カップルによるパートナーシップ制度を認める動きが小池百合子都知事を中心に高まっており、注目されている。

インスタライブでカミングアウト

6月26日夜、インスタライブを実施した宇多田ヒカル。この日は、新世紀エヴァンゲリオンの庵野秀明監督をゲストにした対談ライブを行った。

2007年公開の映画「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」に宇多田が主題歌「Beautiful World」を描き下ろして以降、宇多田と「エヴァンゲリオン」の関わりは約14年に及ぶが、2人そろって公の場に登場するのは今回が初となったこともあり、注目を集めていた。

対談の前、映像の背景に映るクマのぬいぐるみを指し、「別のスペシャルゲストであり、わたしの親友を紹介します。名前はクマちゃん、彼は男の子でゲイなんです」と英語で話しはじめた宇多田(注:宇多田ヒカルにとってクマは曲にも登場したり、InstagramのIDにも使われていたりと、象徴的な存在)。そして、

「I’m Non-Binary. So… happy pride month! (私はノンバイナリー。ハッピープライドマンス!)」

と、何事でもないかのようにサラッとカミングアウトしたのだ。「ハッピープライドマンス(Happy Pride Month)」とは何かというと、6月というのはアメリカを始めとした各国でLGBTQに関連する様々なイベントが一ヶ月にわたって開催される伝統になっているのだ。

この伝統は1970年頃から続いており、LGBTQの祝祭であり、抗議であり、政治活動だ。LGBTQに非友好的な各法制度や、トランスジェンダーの入隊制限など、彼らにとって障害となっているものはまだまだ山ほどある。そういった制度の撤廃や、性のもとのさらなる平等性を求めて世界各国でイベントが開かれる、それがプライド月間である6月なのだ。

カミングアウトにファンは「やっぱり」

これに先駆けて、インスタグラムの投稿でも自身の性自認が特殊であることを示唆していた宇多田ヒカル。上記を簡単に訳すと、以下のようになる。

「ミセスかミス、どちらで呼んだらいいですか?」と尋ねられることや、「ミス・ミセス・ミズ」のいずれかを日常的に選ばなければならないことにうんざりしてる。自分の婚姻状態や性別を強調する呼び方は心地よくないし、どの接頭辞も自分にはしっくりこない。選ばされる度に、自分を偽ることを強いられてるように感じる。性自認や社会的立場に関係なく、誰でも使える別の選択肢があったらいいのに」

「ここまで書いて、Mx.(ミックス)っていう接頭辞があることを発見!これはすごくいい。もっと広く使われるようになったらいい。私もいいアイデアが思いついたんだけど、ちょっと遅かった」(写真はMys. Utada:ミステリー・ウタダというのはどう?という彼女のアイデア)

多くのファンは驚きや熱狂に包まれたりと反応は人それぞれだが、彼女のこれまでの歌詞のスタンスや、こういったインスタグラムでの発言もあったために、ファンによっては「やっぱりそうだったか」「そうだと思ってた。カミングアウトしてくれてありがとう」という反応も少なくなかった。

結婚してるし子供も・・・どんなジェンダー?

ここまで読んで、宇多田ヒカルって結婚してたよね?子供いたよね?と不思議に思う方もいるかもしれない。一度目の結婚は映画監督の紀里谷和明で、「traveling」「SAKURAドロップス」をはじめ彼女の数々のヒット曲のミュージックビデオを手がけるなどしたが、5年ほどで離婚した。

二度目の結婚は、8歳年下のイタリア人男性。彼との間には1人の息子を設けたが、現在は離婚していて独身だとされている。このように、彼女には二度の既婚歴があることから、今回のカミングアウトに「???」となる方は少なくないだろう。

宇多田ヒカルのジェンダー「ノンバイナリー」とは、いわゆるゲイやレズビアン、バイセクシュアル、あるいはトランスジェンダーとは違いがある。「ノンバイナリー」とは、性自認を男性・女性といった二元論に当てはめないこと。また当てはめたくない人のことを指すものだ。

男性でも女性でも無い状態、または部分的に混ざった状態であったり、流動的であったりするといわれている。宇多田ヒカルの女性的な部分としては男性との恋愛・結婚や子供をつくることに難はないが、自身のどこかで男性的な部分、あるいは自分をどちらとも当てはめることができないという認識があるということだろう。

あるいは時の流れや何かのきっかけで突然そういった意識が芽生えることも珍しくないため、過去に結婚していた際にはなんとも思っていなかったが、あるとき何らかのきっかけでそのように感じ始めたという可能性もある。

なんにせよ、宇多田ヒカルのような超がつくほどの有名人がカミングアウトをしたことは、LGBTQとして生きている人々には勇気を与えたようで、ネット上でも大きな話題となっている。

小池都知事も同性パートナーシップ制度検討

今月上旬、小池百合子都知事が同性パートナーシップ制度の導入を検討していくことを明らかにしたことでも注目を集めている。同性パートナーシップ制度は法的な効力を持たないが、自治体が同性カップルを「婚姻相当」の関係として公的に認めることで、一部の保障を受けることができるという。

東京都におけるパートナーシップ制度をめぐっては、3月に当事者らの団体が導入を求めて小池都知事に要望書と1万8000筆の署名を提出していた。小池都知事は、「制度を導入することで、性的マイノリティ当事者の人権の尊重が図られ、多様な性に関する都民の理解も進むという効果が期待ができる」とも説明した。

同性婚がすでに認められている諸外国においても、まだまだLGBTQにまつわるイベントや抗議活動などが行われていることからも、同性パートナーシップ制度がすべてを解決するわけではないことは火を見るより明らかだ。それでも、これが大きな一歩になるのではないかと期待されている。