注目キーワード

女子柔道・朝比奈沙羅の敗者への行動に海外も感嘆「信じられない光景」

今年は夏季の東京五輪、来年には冬季の北京五輪を控え、注目が高まるスポーツ界。そんな中、日本のある女子柔道選手の行動に注目が集まり、海外でも称賛されている。

ハンガリーの首都ブダペストで開催された柔道の世界選手権。今月12日の女子78キロ超級決勝は、朝比奈沙羅(あさひな・さら=ビッグツリー)と冨田若春(とみた・わかば=コマツ)による日本人対決だった。感動シーンはその試合直後に起こった。

屈辱の全日本選手権から世界女王に返り咲き

試合は膝の負傷を抱えた冨田に3つ目の指導が出され、朝比奈が優勝。2018年以来、2大会ぶり2度目の制覇を果たした。反骨心を前面に出した朝比奈が世界女王に返り咲きという形となった。

朝比奈は東京五輪代表を逃し、補欠に決まったが、昨年12月の全日本女子選手権(体重無差別)では、第1シードのポジションでありながら初戦で中量級の高校生に完敗してしまった。朝比奈本人もこれには驚いたことだろう。

本来は重量級の選手のほうが有利だとされる体重無差別の大会で、初戦で70キロ以下級を主戦場の高校生に負けてしまったこの結果に、連盟内部やSNSでは厳しい声が相次いだ。朝比奈は「戦う医学生」、二足のわらじで勉学にも柔道にも取り組んでいるため、「練習不足」との指摘も出た。

「体は大きいが自分も人間」と心を痛めた朝比奈。「そういう人たちを黙らせるには、結果を出すしかない、と自分の中で強く決めた。心の炎が強くなった」と語っている。昨年4月に入学した独協医大で勉学を続ける傍ら、最大限の稽古とトレーニングを積み、今回の世界選手権優勝。実力と結果で外野を黙らせた。

敗者をおんぶで実況が称賛

先述の通り、今回ブダペストで行われた世界選手権では、激闘の末に勝ったのは朝比奈。5分を超す決勝の末、指導3の反則勝ちを収めた。しかし、敗れた冨田は右脚を負傷しており、試合終了後にその場から動けなかったのだ。

日本代表は国際大会で日本人対決となった場合、公平性を保つために畳横にコーチが入らない方針をとっている。それに加え、コロナ禍の入場人数制限もあり、近くに誰もいない状況で朝比奈がとった決断は、自ら冨田に手を差し伸べることだった。

小走りで相手の冨田のもとへ。すると、朝比奈が冨田に何か声をかけて、おんぶしたのだ。海外の実況席は「彼女(朝比奈)が何かしています。見てください」とこの場面に驚いた様子だった。

同じ実況席にいた別の人物も「おっと、なんということでしょう。見てください。これは本当に信じられない光景です」と称賛。両者は畳をおりる前には振り返り、そろって一礼。会場からの大きな拍手を受けながら退場した。

SNSでも注目を集め世界から大反響

勝ってなお相手を気遣うという、スポーツマンシップあふれるシーン。国際柔道連盟公式ツイッターが実際の動画とともに「日本のアサヒナ・サラが称賛に値するスポーツマンシップを見せた。そして世界タイトルを獲ったことに大きなリスペクトを示したい!」と紹介すると、大きな反響を呼んだ。

コメント欄には海外ファンから、「見習うべき模範」「一流の振る舞い」「最後にお辞儀したシーンが好き」「伝統とリスペクト。これぞジュウドウ」「このスポーツが最高である理由だ」と称賛の声が相次いだ。動画の再生回数は28万回を突破している。

また、柔道大国であるフランスの放送局「ユーロニュース」も、この件を報道。「日本の柔道家がブダペストで重量級の日に栄光を掴む」との見出しで報じた記事で「ハイライトは、アサヒナが負傷した仲間を畳から運び降ろした、感動的なスポーツマンシップの場面だった」と称賛した。

「あの場に置き去りにはできなかった。おぶったのが正しい選択かは分からないが、一緒に畳に礼をして出るのは最低限やること」

自身の行動を朝比奈はこう振り返った。昨年4月に独協医大の医学部に入学した「闘う医学生」。医者の卵として、柔道家として、畳の上に放ってはおけなかった。

東京オリンピックも柔道に注目

今回の世界選手権は、個人戦の男女各7階級を終え、東京オリンピックの代表選手が出場しなかったという条件の中で、日本の金メダルは朝比奈も含め女子が3個、男子が2個という成績だった。

東京オリンピック開催まであと一ヶ月少々というところで、毎回オリンピックではメダルを量産する日本柔道の今大会での見どころをおさらいしておこう。

前大会・2016年リオデジャネイロオリンピックでは金3、銀1、銅8個という、数ある競技種目の中でもまさにメダルラッシュだった柔道競技。メダルの獲得が最も期待できるといっても過言ではない、日本のお家芸だ。

まず見逃せないのは、男子66キロ級の阿部一二三(ひふみ)と、その妹で女子52キロ級の阿部詩(うた)だ。言わずと知れたこの阿部兄妹は、どちらも金メダルが期待できる実力者だ。

出典:朝日新聞デジタル

また、2016年リオデジャネイロ大会で優勝をおさめた男子73キロ級大野翔平の二連覇もかかっている。前大会、圧倒的な強さでライバルたちを畳に沈めてきた猛者は、今回も頂上をとることができるだろうか。

東京オリンピックでの柔道競技は7月24日、女子の最軽量級である48キロ級を皮切りに、1週間かけて男女各階級と団体戦が行われていく。今回もメダルラッシュに期待が高まる。