堂本剛が緊急入院!「歌うのもままならない」理由と現在の病状・テレ東音楽祭2017は欠席

 

ジャニーズ事務所所属の大人気アイドルコンビKinki Kids・堂本剛(38)が突発性難聴で緊急入院することとなったと、相方の堂本光一(38)が28日に放送されたテレビ東京系「テレ東音楽祭2017」で発表した。

テレビ東京系「テレ東音楽祭2017」にKinki Kidsで出演予定だったにもかかわらず、1人で生出演した堂本光一が番組放送の序盤で、相方・堂本剛が緊急入院することとなり、1週間の入院を余儀なくされたことを告白。

「番組が非常に盛り上がってきている中ちょっと申し訳ないんですけど、今あの、もう1人の人がここにいないんです」

と、番組序盤で切り出すと、楽しみに待っていたファンから「エーッ?」と悲鳴があがった。

「剛くんがちょっと突発性難聴によって、大事を取って1週間入院することとなりました。元気なのは元気なんですけど、ちょっと歌うのもままならない状態なので、大事をとって」

とファンに向け、Kinki Kids・堂本剛の現状の病状を説明した。

「歌うのもままならない」突発性難聴とは

Kinki Kids・堂本剛が緊急入院することとなりテレビ東京系「テレ東音楽祭2017」に出演できなかった突発性難聴の病状・症状とは、突然、耳がつまったような感じや耳鳴りがし、ひどい場合はめまいやふらつき、時に吐き気を感じる症状。

突発性難聴の主な原因は現在も不明だと言われており、ストレスや疲労、ウイルス感染や内耳の循環不全などが病状・症状の原因では無いかと疑われているという。

Kinki Kids・堂本剛を突然襲った突発性難聴は、これまでに歌手・浜崎あゆみ、スガシカオ、「エレファントカシマシ」宮本浩次、「サカナクション」山口一郎、「ハウンド・ドッグ」大友康平、女優・小川範子、千原ジュニア、杉原杏璃、GENKING、「私立恵比寿中学」柏木ひなた達が突発性難聴を公表している。

テレビ東京系「テレ東音楽祭2017」出演欠席した堂本剛の代役に長瀬智也

KinKi Kids・堂本光一が28日に放送されたテレビ東京系「テレ東音楽祭2017」で、相方・堂本剛が突発性難聴で入院したことを報告し話題となった。

テレビ東京系「テレ東音楽祭2017」番組では突発性難聴で入院した堂本剛の代役をTOKIOの長瀬智也が務め、「全部だきしめて」をKinKi Kids・堂本光一と共に歌唱。番組の司会を務めるTOKIOの国分太一は、

「助っ人で急きょ参加することになったのはこの方です」

と、突発性難聴で入院した堂本剛の代役にTOKIO・長瀬智也を紹介。

「どうも突然すいません、長瀬智也です」

と、テレビ東京系「テレ東音楽祭2017」に来ていたファン・見ていたファンにあいさつ。KinKi Kids・堂本光一は、突然の相方の入院に、

「ごめんね、長瀬…本当に快く受けてくれて」

と代役で出演してくれたことに感謝した。

「昨日、剛から連絡があって、『ごめんなー』って。本人もいたって元気なんで、ファンのみなさん心配せずに、すぐ戻ってくると思いますので」

と、TOKIO長瀬智也は出演に至った経緯を説明、堂本剛とのやりとりを明かし、ただ残念ながら、今日は僕で我慢してくださいと、会場の笑いを誘った。

前代未聞のKinKi Kids・堂本光一とTOKIO・長瀬智也のスペシャルコラボでKinKi Kids名曲「全部だきしめて」を披露した。