注目キーワード

川谷絵音にモデルと同棲愛報道!ベッキーとゲス不倫から5年 再婚?

バンド「ゲスの極み乙女。」のフロントマンである川谷絵音(かわたに えのん)に、新たな恋の報道だ。タレント・ベッキーとの不倫報道をきっかけに最初の妻と離婚したほか、未成年との交際・飲酒報道など話題に事欠かない川谷だが、今回はモデルと同棲愛をしているというのだ。

世間を騒がせたベッキーとの不倫、いわゆる「ゲス不倫」から5年。このタイミングで、再婚も視野に入れていると報じられているが、実際のところはどうなのだろうか?また、恋人のモデルとは誰なのか。

同棲愛で再婚も視野?今は仕事に集中

週刊誌「女性自身」が、バンド「ゲスの極み乙女。」や「indigo la End」のボーカルとして知られる川谷絵音の同棲愛を報じた。相手はモデルの松本愛だ。東京都内の一等地にある高級マンションに住んでいるという。

2人の“お泊まり愛”が初めて報じられたのは2018年5月。その後順調に愛を育み、同棲を始めていたのだ。同棲が始まったのは今年の夏頃なのだろうか、近隣の住民からは、今年の夏頃から2人が仲むつまじい様子で出入りするのを見かけるという証言が得られているという。

出典:女性自身

今年10月の「女性自身」の直撃取材に対しても、真摯に受け答えしたという川谷。「松本愛さんと同棲されていると聞いております」という直接的な質問に対しては、照れながら「いやあ、あはは」と受け答え。

「女性自身」の記事タイトルには「再婚も視野」とあるが、実際の直撃インタビューの際には、結婚について尋ねたところ、「いや、全然ないと思いますよ。僕、今は仕事を頑張らないといけないので……。なんかすみません」という回答だったという。

記者もひるまず、「とはいえ、真面目にお付き合いしていて、川谷さんにとって松本さんは大切なお相手ということでよろしいのでしょうか?」と追撃。その質問には川谷は、「そんなふうに聞かれるとあれですけど。まあ、いまは仕事に集中しています。なんかわざわざ、僕なんかのためにありがとうございます」と笑いながら回答したという。

終始、「今は仕事を頑張らないといけない」「仕事に集中している」という姿勢の回答だったようだ。

川谷絵音の恋人・松本愛とは?

2018年のお泊まり報道時も、今回の同棲愛報道も、相手は同じ。モデルの松本愛だ。タレントであり、ティーン雑誌『POPTEEN』の元モデルで、現在は雑誌『MORE』のレギュラーモデルである。1994年生まれで、川谷とは6歳差だ。

「ゲス不倫」報道後、妻とも離婚した身の川谷は、当時未成年だったタレント「ほのかりん」との交際が報じられ、また未成年であるにもかかわらず、ほのかりんが飲酒していたことなどが報じられ、さらに窮地へと追いやられた。

2018年に松本との交際報道が初めて出た際には、松本が“元カノ”であるほのかりんの友人だと報じられ、元カノの友人と付き合っているような書かれ方をしたが、その後川谷ツイッターで、『(松本は)俺の昔からの友達なのだけれど……』と、元カノの友人であるつながりで交際に至ったという噂は否定していた。

ゲス不倫報道・ほのかりん未成年飲酒報道まとめ

川谷絵音が結婚したのは、2015年のこと。無名時代から支えてくれていた彼女と結婚したのだが、この時点では結婚は公表していなかった。

結婚から数ヶ月後である2015年10月に、川谷はベッキーと知り合いに。連絡を取り合う仲となった。当初ベッキーは川谷が結婚をしていることを知らなかったが、ある時点で川谷は既婚者であることを明かした。

それでも、2人の気持ちはもう止められなかったようだ。川谷がベッキーと関係をもつよりも前に、元カノと密会などしていたことから、夫婦の関係は冷えて破綻に向かっていたとも言われている。

その後、川谷はベッキーを連れて長崎の実家に連れていく所を「週刊文春」によってスクープされ、「ゲス不倫」との報道に。このとき初めて、川谷が既婚者であることが世間に知られた。また、この時点では「ゲスの極み乙女。」及び川谷はそこまでの知名度があったわけではなかったために、一部では「売名では」との声も。

ベッキーは釈明会見を開き、「不倫ではなく、友人関係だった」とした。また周囲に対しても、「もう二度と会わない」など決別を宣言していたが、その後、「文春に報じられたおかげで逆に堂々とできる、ありがとう文春」といった旨のLINEのやりとりを2人がしていたことが明らかになってしまった。これで、釈明会見での発言も無意味なものとなってしまったのだった。

2人の信頼は失墜し、ベッキーは一時期テレビに出なくなり、また川谷も、妻と離婚するなどバタバタ。そんなうちから、未成年であるタレント「ほのかりん」が新恋人として報じられ、また共に飲酒しているところまで報じられてしまったのだ。

川谷の所属しているバンド「ゲスの極み乙女。」および「indigo la End」は活動自粛となり、当時決まっていたタイアップ案件やドラマ主題歌はすべてご破産となってしまったのだった。

それだけに、不誠実な恋多き男のイメージがすっかりついてしまった川谷だが、今回のお相手とは一応、年単位での交際となり、また同棲までしているとのこと。「週刊女性」が言うように、再婚とまでいきつくだろうか?