星野源が主演でダメな人を演じるドラマ「プラージュ」とは!?原作・あらすじ・放送日



俳優・歌手として活躍中の星野源(36)が、WOWOWの連続ドラマ「プラージュ」(今夏放送、土曜後10・00全5話)に主演する事が発表された。

星野源が今回演じる役柄は前科があるさえない男で、自分が演じる登場人物史上、最もだらしなくてダメな人という。星野源はドラマ「プラージュ」で10年ぶりの連続ドラマ主演となる。

星野源と言えば昨年TBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で、新垣結衣(28)と『逃げ恥』一大ブームを巻き起こした。

『逃げ恥』は家政婦と恋愛経験のない独身の会社員が契約結婚し、同居することから始まる物語。しかし、今回のドラマ「プラージュ」はガラリと星野源が演じる役どころが変わり、罪を犯した人がどのように生きていくか、ということをテーマに描く人間ドラマで注目が集まっている。

星野源が10年ぶりの主演ドラマ「プラージュ」原作・あらすじ・キャスト

出典:twitter画像

星野源が10年ぶりの主演ドラマ「プラージュ」の原作は誉田哲也氏の小説。読む者の常識や既成概念を揺るがす、新たなエンターテイメント小説。人はかつての自分を取り戻せるのか?重厚なテーマながら、ユーモアたっぷりに描かれたエンターテインメント作品。

あらすじ
星野源が演じる主人公の貴生は、軽い気持ちで手を出した薬物の使用容疑で逮捕され、仕事も家も失ったところシェアハウス「プラージュ」にたどり着いた。

主人公の貴生と共にシェアハウス「プラージュ」で暮らすのはさまざまな過去を背負い、居場所を失った厄介者たち。同居人が引き起こす騒動に巻き込まれていく。

たった一度、魔が差した結果に仕事も住む場所も失ったサラリーマンの貴生を演じる星野源は

「ダメな人だと思います。この人苦手だなあ」

と、台本を読んでいた当初は嫌悪感が声に出してしまうほど嫌いだったという。それでも徐々に貴生の魅力に気付いて

「妙に好きになってきている。刺激的かつ楽しい作品を届けられるよう頑張りたい」

とコメントしている。『逃げ恥』から一転今度はダメな人を演じる星野源と放送日は土曜後10・00今夏放送予定のドラマ「プラージュ」に注目したい。