長瀬智也が主演と話題の映画『TOO YOUNG TO DIE』動画・キャスト・あらすじ

 

長瀬智也が主演映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』

Ck_ZhB1VEAEUGTa出典:twitter画像

6月25日東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズにて、Mステに出演し話題となっている映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』の初日舞台挨拶が行われた。

映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』の初日舞台挨拶会場にはTOKIO・長瀬智也、神木隆之介、尾野真千子、森川葵、桐谷健太、清野菜名、古舘寛治、皆川猿時、宮藤官九郎監督が登場。映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』トレードマークの鬼のお面を着けた観客と地獄絵図の撮影会を実施。

映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』あらすじ・キャスト

Ck-ipdDW0AAGHJ8出典:twitter画像

映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』のあらすじは、普通の高校生・大助(神木隆之介)が、不慮の事故により地獄に送られてしまう。そこで、地獄でロックバンド・地獄図(ヘルズ)を率いる地獄農業高校軽音部顧問の赤鬼・キラーK(長瀬智也)の話しによると

「えんま様の裁きにより現世に転生するチャンスがある」

という事を聞く。普通の高校生・大助(神木隆之介)が愛するひろ美ちゃん(森川葵)に再び会うために、大助の地獄めぐりが始まる……。

キャスト
赤鬼キラーK役に長瀬智也。ひろ美に片思い中の高校生・大助役に神木隆之介。大助のクラスメイトでありヒロイン・ひろ美役に森川葵。ロックバンド・地獄絵図(ヘルズ)のメンバーに、桐谷健太&清野菜名。キラーKの元カノなおみ役に尾野真千子。地獄の大王・えんま役に古田新太。

映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』予告動画

映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』公式ホームページ

映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』公式ツイッター

映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』にコメント

COsDeroUcAAtK8D出典:twitter画像

赤鬼・キラーKを演じるTOKIO・長瀬智也、

「撮影が1年前で本当に観てもらえることが嬉しく思っています。素晴らしいキャスト・スタッフじゃないと表現できなかった作品だと思っています。2回3回と観てもらえたら、新たな発見や感情が見れるんじゃないかと思います。是非とも、もっともっと分析していただけらたらと思います」

と挨拶。普通の高校生・大助を演じた神木隆之介は、テレビ朝日の音楽番組「ミュージックステーション(Mステ)」にて行ったライブの興奮がまだ冷めない様子で、

「地獄のライブからドキドキがとまらない」

と興奮気味に語り、桐谷健太は映画の中では鬼のメイクだったので

「(今日は)生まれたまんまの姿です」

と短いながらも会場の笑いを誘うのは絶妙な挨拶コメント。司会からの質問にTOKIO・長瀬智也は、

「監督になってみたい。15,6年一緒に仕事をしていて、客観的に自分を見れそう。知らない自分を知っていそう」

と言うと、宮藤官九郎監督が

「俺になったら腰痛いし。いっぱい辛いとこある。ため息ばっかりついているし」

と身体的な発言に笑いをこらえるTOKIO・長瀬智也、会場は笑いの渦に。一方、神木隆之介は長瀬智也になりたいそうで、

「近くでギターを弾いている姿を見て、『これだけ自由にギターが弾けるのは気持ちよさそう』とまじかで思っていたので」

と尊敬の眼差しのコメント。最後に宮藤官九郎監督から

「この映画は“地獄”を舞台にしているので仏教映画です。仏教映画なので2度3度見ていただくことで“得”を積むことができます。是非、お布施だと思ってみていただきたいです」

と最後まで笑いに包まれた楽しい舞台挨拶は終了。宮藤監督と豪華キャストが贈る世界初!超絶地獄コメディ映画『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』は、全国公開中。