山口達也の離婚会見が神対応と話題の裏に知られたくない離婚原因

人気アイドルグループ「TOKIO」の山口達也(44)が5日に都内で離婚したことで記者会見を行った。

山口達也は2008年3月に5歳下の“モデル妻”と結婚。今回の離婚でジャニーズ事務所のタレントが離婚会見をするのは史上初と話題に。

会見後には山口達也が自ら出口に立ち取材陣を見送り、神対応と評価を上げている。その裏には、知られたくない隠された離婚原因があったとも・・・・



山口達也の離婚会見は異例尽くしで神対応

CpEiv8EUkAAD8J2出典:twitter画像

5日午前に代理人を通じ離婚届を提出した山口達也は、会見開催を伝える文書をマスコミ各社にファクス送信。

会見には、ジャニーズ取材NGとなっているメディアも招かれた。ジャニーズ関係者は「いいんだよ、そういう場だから」と太っ腹な対応。

“制限なき離婚会見”は山口達也たっての希望だという。山口達也は離婚について、

「妻と出会って16年以上、結婚して8年以上。そのなかですれ違い、性格の不一致という言葉では簡単に片付けられないことがあった。仕事もプライベートも自分本位で未熟だった。彼女の疲れ、ストレスに気付かなかった」

とコメント。小学2年の長男と幼稚園年長の次男がいるが、山口達也が結婚直後から仕事や趣味を優先するあまり

「妻に家事の一切を負担させることになってしまった。『大切な時にお父さんがいない』ということもあり、夫婦げんかも多かった」

という。そうした状況が続き、夫妻は3年前から離婚を意識するようになったという。

山口達也 離婚の本当の原因は

この「神対応」によりメディア関係者の理解は得られたが、一方で“隠れた離婚原因”に挙げられたのが酒グセの悪さだった。

TOKIOメンバーではリーダーの城島茂と山口達也が酒乱で有名。飲むと気が大きくなる典型的なタイプで有名な山口達也は、追っかけファンの女性にも見境なく『なんだ、おまえら!』と威嚇することも。

カウンターに座る美女をナンパしていた山口達也。『俺、絶対にうまい自信があるんだよね。どう?』と、都内の会員制バーではこんな泥酔目撃談。

7月4日には、日本テレビ系「ZIP!」に眼帯姿で生出演し話題となった。真相が気になるところだ。