注目キーワード

リコカツで話題の女優・田辺桃子とは?ゲスの極み川谷との関係や彼氏情報

このたび最終回を迎えたTBS系連続ドラマ『リコカツ』で、主人公・緒原紘一(永山瑛太)に思いを寄せ、したたかに妻である緒原咲(北川景子)から奪おうとする、航空自衛隊航空救護団の副パイロット・一ノ瀬純を好演した田辺桃子。

ドラマ中で、料理が苦手な咲に対するあてつけのように、家庭料理である筑前煮を差し入れした際には、“筑前煮女”という言葉がTwitterでトレンド入りしたほどの話題沸騰ぶりだ。落ち着いた見た目だが、実はまだ21歳という若さの田辺。

今回の記事では現在注目が集まっている田辺の素顔や、ネットを中心に噂されている「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音との関係などを探っていく。

田辺桃子の略歴

田辺桃子は1999年神奈川県生まれの女優でファッションモデル。芸能界入りしてからの歴史は長く、13歳のときにスカウトされ、それがデビューのきっかけとなった。2009年頃からドラマ等で、子役として活躍を始める。

2017年にCMに出演した『ぷよぷよクエスト』のCMでは「あの美少女は誰?」と話題になったこともあった。ほか、「SUUMO」のCMなどにも出演している。

雑誌「セブンティーン」のモデルを務めていた過去もあり、2013年にはミスセブンティーン2013に選出されている。2019年にはセブンティーンの専属モデルを卒業したが、現在も女優活動のかたわらモデル活動をしている。

今春は撮影および放映スケジュールの都合によって、『ゆるキャン△2』(テレビ東京)、『ガールガンレディ』(毎日放送)、そして先述の『リコカツ』の3本のドラマに出演しているという、大忙しの彼女だ。

また映画では『SUNNY 強い気持ち・強い愛』、『うちの執事が言うことには』などにこれまで出演しており、今年の夏には映画「犬部!」が公開される予定だ。

「筑前煮女」が話題!リコカツで躍進

先述のように、「リコカツ」で主人公夫婦を邪魔する存在として主人公のまわりをうろちょろした彼女の好演は話題を呼び、“筑前煮女”という言葉がTwitterでトレンド入り。世の中の多くの女子を敵に回した熱演だった。

いくら本人に対してではないとはいえ、あれだけ視聴者に嫌いと言う感情をもたれることに対しては、本人としては複雑な気持ちがあるのかと思いきや、案外割り切って楽しんでいる様子にも見える。

「もし自分自身の近いところに、こういうタイプの子が現れたら『すごいの来たな』って身構えちゃいますよね(笑)。でも、もし純が自衛官として働いているところや、紘一さんをはじめとする仲間たちとざっくばらんに話している姿が見ることができたら、きっと魅力的なところもたくさんあるんじゃないかなと思うんです」

と、嫌われ者として話題になっていたことは気にしていない様子だ。この肝が据わった構え方も、モデルにしろ女優にしろ、長きにわたって芸能活動に携わってきた賜物だろうか。

今クールはドラマ「リコカツ」と並行して、『ゆるキャン△2』『ガールガンレディ』でも、また違う顔を見せてくれていた彼女。その女優としての振り幅の広さに、SNSでも「同一人物だと思わなかった!」という声も高い。

放送時期が同じだったとはいえ、撮影時期はばらばらだったために、本人としては役の切り替えにあまり苦労しなかったという。とはいえ、コメディ・アクションなんでもござれの「カメレオン女優」田辺桃子に、期待の声はさらに高まる。

ゲスの極み乙女・川谷との関係?

田辺桃子の名前を検索するとかならず上位に浮上してくる「ゲス」という言葉。性格がゲスなのか?と疑問符が浮かぶが、そういうわけではなくて、ベッキーとの「ゲス不倫」で過去に注目を集めた、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(えのん)との関係性を指しているという。

田辺と川谷にどのような関係があるのかというと、田辺の子役時代にさかのぼる。決して怪しい恋愛関係などではないので、期待した方はあしからず。

田辺が子役時代に、川谷絵音がボーカルを担当する別バンド「indigo la End」のミュージックビデオ『さよならベル』に出演しているということがこの答えだった。

このために今でも田辺の名前を検索すると「ゲス」という言葉が出てくるというからくりだった。この時点ではまだ中学生だった田辺だが、とても中学生には見えない大人びた表情を見せている。

当時「ゲス不倫」で騒がれるよりも前だった川谷も、田辺にドキドキしたとコメントしている。このときから、かなり実力のある女優だったのではないだろうか。

現在彼氏はいるの?

気になる交友関係だが、田辺にはこれまで彼氏がいたという情報や、現在熱愛中といった情報はない。まだまだ若いので、しばらくは仕事に専念といったところだろうか。

好きなタイプとしては、「明るくてよく笑う人」「自分にあったファッションを着ている自然体な人」などを挙げている田辺。また、「どちらかというと”お慕いする“よりは、対等な関係でボケとつっこみができちゃうくらいな、親友みたいな間柄が理想です」ともしている。いつか彼女の熱愛報道も出てくるか、期待したい。

13歳でデビューして、現在21歳。見た目は実年齢より上に見えるが、真摯に役に向き合う姿勢はどこまでもピュアだ。年齢を重ねて演じる役も増えていき、これからどんな新しい一面を魅せてくれるのだろうか。その振り幅の広さをどこまでも無限に感じさせる、女優・田辺桃子の動向を今後も見守りたい。