注目キーワード

朝ドラ「おちょやん」杉咲花が成田凌へ台本無し不意打ちキスに批判殺到!

連続テレビ小説『おちょやん』(NHK)の公式Twitterの投稿が、物議を醸している。

主演・杉咲花と成田凌との「キスシーン」が、実は周囲のはからいで成田への予告なしに撮影されたというのだ。

キスシーンなどが、役者の同意なしに追加される、アドリブで撮影されるといったケースは実は少なくないようだ。役者の心中はどのようなのだろうか。

アドリブでキスシーン!成田凌はびっくり

NHK連続テレビ小説「おちょやん」は、戦前から戦後の大阪で貧しく生まれた少女が女優を目指す生涯を描いたストーリー。主演・杉咲花が主人公の千代を演じ、のちに千代の夫となる一平役を成田凌が演じる。

3月19日、公式Twitterは主演・杉咲花による第15週目分の「花note」の更新をお知らせ。「成田さん、突然のキスでびっくりしたと思います」と投稿した。

このツイートの言うところの「突然のキス」があったのは、第75話のこと。

千代(杉咲花)と一平(成田凌)がキスをしようとしたところ、亡くなった千代の父・テルヲ(トータス松本)の「アカーン」という声が幻聴のように聞こえる。

その直後に千代から一平にキスするというシーンがあったのだが、実はこれは台本にはなかったとのこと。

「このシーンを撮る前日に、ディレクターさんから「一平と千代がキスをしようとしたときに、テルヲの『アカーン』という声が聞こえたら、千代ならその声に反発するように、逆のことをするんじゃないか」と提案されて。それで成田さんには内緒で、本番だけキスをしようということになりました

という経緯があったことがツイッターで説明されている。

実際のところ、成田は杉咲からの突然のキスにびっくりしていたという。杉咲はカットがかかった後に「これは私がアドリブでやったわけじゃないんだよ!」と釈明したそうだ。

同意なきキスシーンに反応は賛否両論

杉咲も成田も、老若男女とわず好感度の高い俳優だ。それだけに、2人がカップルを演じていること自体に批判的な声はほぼ聞かないといって差し支えない。

それだけに、キスシーンも計画されたものであれば、まったく問題はないはずであった。それが、台本にはなかったということ、そしてそれを公式から美談のようにツイートされていたことで、視聴者の中にはもやもやとするものが生まれたようだ。

その結果、先述の「不意打ちキス」に関するツイートには、「二人ともかわいい」「素敵なシーンだった」と好意的な声が見られた一方で、批判的な意見も多かった。

「セクハラ & パワハラでは」「騙し打ちみたいで気分が悪い」「成田さんの演技力なら事前にお知らせしても問題なかったのでは」「事前に了解のないキスシーンを公式が発表するとは」などの内容だ。

いくらプロの役者であっても、ラブシーンは心への負担が大きいことは容易に想像がつく。よりよい作品作りのためにキスが必要だと感じたのであれば、事前に話し合いをして決めておくべきという意見はもっともだ。

アドリブのキスシーンは意外と多い?過去の例

過去にもほかの作品で、役者に対して事前に同意を得ていないキスシーンや、不必要なディープキスが発覚し、批判が集まることがあった。

例えば、昨年10月に行われた映画『十二単衣を着た悪魔』(監督・黒木瞳)の完成披露報告会にて、実は“台本にないキスシーン”があったことが明らかになった。

十二単衣を着た悪魔 公式サイト

ある日の撮影本番前、主演の伊藤健太郎は監督の黒木瞳に呼び出され、タイミングがきたら伊藤沙莉にキスをするよう台本にない指示をされたという。

伊藤健太郎はその指示に驚き、本番でも迷いがあったものの、本番中に黒木から「行け! 行け!」と合図され、悩みながらも指示された通りに伊藤沙莉にキスしたことを明らかにした。

事情をまったく知らなかった伊藤沙莉は、伊藤健太郎がふざけたのかと思い、「何してんだよ」という目で健太郎を睨んだそうで、台本にないキスシーンに戸惑ったことがうかがえる。

伊藤沙莉は後々、このことについて、キスの指示を出した黒木瞳に文句を言ったりはしなかったそうだが、立場を考えれば文句を言うのは難しいだろう。

いくら事前に予定のない不意打ちのキス演出であっても、その指示をしたのが監督であり、しかも黒木瞳という大女優であれば、若手俳優・女優からクレームを入れられるはずもない。

仮に何か文句を言おうものなら、黒木との関係性が悪くなったり、「あの子はわがまま、気が強い」と噂になってしまう可能性だってありえるのだ。パワハラあるいはセクハラととられてもおかしくない行為といえよう。

ロンバケの伝説のキスもアドリブだった!

こういったケースは他にもある。深夜ドラマ『死にたい夜にかぎって』(MBS制作・TBS系)に出演した山本舞香は、アドリブで賀来賢人にキスするよう監督から指示されたという。実際に予告なしにキスされた賀来は驚いたそうだ。

あの伝説ドラマも例に漏れない。月9ドラマ『ロングバケーション』(フジテレビ系)の最終話、プロポーズのシーンで木村拓哉が山口智子にキスをする演技は、木村のアドリブだったことも後々になって明かされている。

台本では「結婚しよう」だけだったところに、木村拓哉が「一緒にボストンに行こう」とプロポーズしたあと、「『はい』って言わないとチューするよ」と言ってキスをしたのだ。

このように、ドラマや映画撮影、演劇などでは、台本にないキスシーンが生まれることも多々あるようだ。同意なくキスをする、させることは、役者自身やその家族・恋人などを傷つける恐れもある。

よい作品づくりのために必要という声も聞こえてくるが、やはり気持ちよく仕事をするためにも、同意を得るにこしたことはないだろう。