スポンサーリンク

小栗旬が労働組合結成!?俳優の権利を求め立ち上がる「相次ぐ電撃引退」の解決

最近、人気絶頂のなかで俳優の相次ぐ電撃引退が芸能界を揺るがしている問題で、俳優の小栗旬が俳優の権利がとことん守られる俳優による自主的な労働組合を結成しようと水面下で活動しているという。

昨年12月に突如引退した成宮寛貴をはじめ、今年に入っては女優の江角マキコ、清水富美加、堀北真希と4人の人気俳優が、わずか3カ月の間に電撃引退をしている。

芸能界では今までこんな事はあり得なかった。売れっ子の俳優が自らの事情で引退に追い込まれるなんてことは10年に1人もしくは20年に1人という現状だったのがわずか3カ月の間に電撃引退と芸能界を揺るがしている。

今後も、様々な理由で引退を口にする俳優が出てくるかもしれないと言われている。異常事態の中、注目を集めているのが俳優・小栗旬。俳優のための俳優による自主的な労働組合を結成しようと水面下で活動しているようだ。

スポンサーリンク

小栗旬が目指す俳優による労働組合結成

出典:twitter画像

小栗旬が目指す俳優による労働組合結成では俳優の権利がとことん守られる。目標は、米ハリウッドにある『SAG-AFTRA』の日本版だと言われている。

小栗旬が目指している『SAG-AFTRA』は1933年に米ハリウッドで設立された世界初の映画俳優組合のことだ。現在組合員は約20万人いるともいわれている。

現在の日本では俳優・西田敏行が理事長を務める『日本俳優連合』が存在するが、組合員は約2700人程度で、若手俳優は存在すら知らない現状だ。

小栗旬が日本版『SAG-AFTRA』を目指す理由

小栗旬はかつて雑誌のインタビューで米ハリウッドの『SAG-AFTRA』について熱く語っていたそうで、その理由には事務所の大小で仕事が決まったり、理不尽なオーディション制度などに対する不満があったという。

米ハリウッドの『SAG-AFTRA』では俳優の権利がとことん守られる。最近、引退した人気俳優らも所属事務所との決別が問題だったという事が大きいといわれている。

所属事務所と信頼関係があれば引退する必要はない。しかし、いまだに俳優の権利を尊重する事務所は数えるほどしかないのが現実でトラブルが発覚したら、数年間の休養というのが現状だと言われている。

俳優の小栗旬が俳優の権利がとことん守られる俳優による自主的な労働組合を結成しようと水面下で活動しているという報道に注目があつまっている。