能年玲奈「のん」の現在は?レブロに謝罪を申し入れ!本格活動再開か?



NHKの朝連続ドラマ小説「あまちゃん」で一世を風靡し、映画やドラマと大活躍中の女優だった能年玲奈。しかしある日突然、独立・引退騒動が起こり姿を見ることがなくなってしまった。

ネットなどでは、引退理由などたくさんのニュースで溢れ芸能界を干されたなどの噂まで出ていた。その後、能年玲奈は正式に芸名を「のん」に改め活動を再開していた。

そんな能年玲奈こと「のん」だが、芸能活動を再開していたが以前ほどのTVや雑誌などで見かけることはなくなりこのまま消えて行くのでは・・・とも噂されていた。

「のん」に改名!能年玲奈が引退騒動から帰ってきた。芸能活動再開の動画が公開

能年玲奈こと「のん」が元事務所に謝罪

出典:のん 公式インスタグラム 画像

契約問題をきっかけに断絶状態となってしまい、露出がかなり減った能年玲奈こと「のん」が前所属事務所の「レプロエンタテインメント」と10月上旬に極秘会談していたことが19日報じられ話題となっている。

話し合いを拒否していたのは「のん」側だったようだが、今回ついに関係を修復したいと要望し都内のレプロの事務所で第1回目の場が持たれたというのだ。

レブロと能年玲奈の契約問題が表面化したのは2016年5月だった。契約は6月までだったが無断で個人事務所を設立するなど契約違反があり契約不履行として延長を申し入れていた。

今回、初めてのん側がレプロへの謝罪と、マネジメント契約の再開を前提に和解したい意向を示し実現したという趣旨の話し合いがもたれたというのだ。

のんの現在

所属事務所である「レプロ」との契約問題で世間を騒がせて、一時期は我々の前から姿を消した能年玲奈こと「のん」。活動再開した当初は色々話題となっていたが、2018年になった現在はどうなっているのか注目が集まっていた。

現在彼女が力を入れているのが音楽活動だと言われている。2017年11月22日にはファースト・シングル「スーパーヒーローになりたい」を発売。オリコン初登場で30位となった。

2018年1月1日には2ndシングル「RUN!!!」が発売。インディーズシングルランキングで3位を獲得している。

作詞作曲もしているようで、今はすっかり音楽にのめり込んでいるという。

「のん」に改名した能年玲奈が「この世界の片隅に」主演に動画も公開

元所属事務所のレブロは?

今回の報道で話題となっているのん側の申し出に対し、レプロはスポーツ紙などでコメントを発表。

「能年氏から、過去についての謝罪と、弊社にマネジメントを再度依頼したい旨の要望があり、本人との面会に至りました」

と、のん側からの要請で話し合いをし謝罪があったことを認めた。これで能年玲奈が本格的に芸能活動再開になるのか?また元のように戻るのか?など報道が加熱していたが、

「しかしながら、何ら解決には至っておりません」

とレブロ側はのんの謝罪は認めているがそれに対してレブロ側がどうするか、契約をどうするかなどは全く解決していないと説明している。

大人気女優となった能年玲奈だが、あの頃のような輝きを取り戻すにはまだまだレブロ側との話し合いが必要となりそうだ。