大相撲で人命救助の心臓マッサージを静止!土俵から降りるように一部始終とは?



4日に京都・舞鶴市で行われていた大相撲の春巡業だが、興行中に舞鶴市の多々見良三市長(67)が倒れるハプニングが起こった。

舞鶴市・多々見良三市長は土俵上であいさつ中に体調を悪化させて倒れ、一時心肺停止状態となっていたようだった。

しかし、場内アナウンスを担当していた行司が助けに入った女性への対応が非難される事態となてっいる。



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください