羽生結弦が何回も死のうと思ったと語る!その理由と苦悩・中絶問題にファン衝撃



東京・調布市の武蔵野の森スポーツプラザで、羽生結弦選手の平昌五輪・凱旋イベント「Continues~with Wings~」が4月13日から3日間行われ話題となっている。

羽生結弦の平昌五輪・凱旋イベント「Continues~with Wings~」の最終日である4月15日に、羽生結弦選手の明かしたコメントが波紋を呼んでいる。

羽生結弦の何回も死のうとコメントに衝撃

羽生結弦選手の平昌五輪・凱旋イベント「Continues~with Wings~」が東京・調布市の武蔵野の森スポーツプラザで4月13日から3日間行われた。

平昌五輪・凱旋イベント「Continues~with Wings~」の最終日に羽生結弦選手は、

「一時期、週刊誌の問題とか色々あった時に、“なんで僕生きてるんだろう”って。何回も死のうともしました」

と、過去の週刊誌問題などで悩んでいた時期があり、何度も死のうと考えていた時期があったことを赤裸々に告白した。

1 個のコメント

  • 匿名 より:

    今も珍バイトまで雇ってアンチ活動をしている人達がいる。なぜメディアはそういうことに対して見てみぬふりをするのか。
    Twitterなどを利用し、印象を悪く操作したり選手への精神的ダメージを狙った行為は犯罪ではないのか?いい歳した大人が子供のいじめと同じことして罪の意識はないのだろうか。
    週刊誌も謝罪して慰謝料払って下さい。

  • コメントを残す

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください