注目キーワード

華原朋美が専属マネージャーとバースデー婚へ  1児の母だが結婚は初

恋多き歌姫・華原朋美がついに結婚を決めたという。自身の誕生日である8月17日に入籍し、華原本人の口からファンへ報告する心づもりのようだ。お相手はというと、イベント会社社長でかつ華原の専属マネージャーを務めるAさんである。

8月15日に開催されたバースデークルージングでは、「結婚」という言葉は使わなかったまでも、「結婚をする」ということを示唆する言動の数々を残した華原。詳細は後述する。

華原朋美は2019年に外資系一般人男性との間に第一子を妊娠したと報告し、2019年8月下旬に45歳という年齢で男の子を出産しているが、その際には相手と籍は入れていない。今回が初の結婚となる。

結婚相手はマネージャー!現在すでに共に生活

出典:フライデーデジタル

以下、写真誌「フライデー」が報じている内容だ。現在華原のマネジメントを手がける事務所の代表で、かつ華原の専属マネージャーであるAさんは、ディナーショーなどを運営するイベント会社のヤリ手社長で、スポーツマン風の40代男性だという。

華原とAさんの出会いは2年半ほど前にさかのぼり、華原の出産前最後のイベントの仕切りを行っていたのがAさんだった。そこからしばらく関わりはなかったが、昨年8月末で華原が所属事務所のプロダクション尾木に契約解除を申し入れ、フリーになったことをきっかけに、再び仕事で関わるようになったそうだ。

今年に入り、現在の事務所に所属するようになった華原。3月ごろからはAさんが華原の専属マネージャーも務めており、その頃には2人はすでにAさんが華原の自宅で時間を過ごすなど、親密な恋人関係になっていたと芸能関係者は語る。

今年7月中頃に「フライデー」取材班が2人を目撃した際には、2歳になる華原の息子と3人で手をつないでコンビニで買い物を楽しんでいたという。子供もすでにかなりAさんに懐いているようで、行き帰りには常に手をつないでおり、その様子はすでに本物の家族のようだったそうだ。3人はそのまま自然と華原のマンションへと帰っていったという。

華原の知人の証言によれば、華原はすでにAさんとの生活をスタートさせているとのこと。子供もすっかりAさんに懐いており、華原の仕事が忙しいときには、Aさんが保育園への送迎を行うこともあるそうで、さながら本当の家族のようだ。

華原の精神状態は大丈夫?

華原朋美といえば心配されるのは、精神状態のほどだ。かつて、「夫婦同然」とも言われ公私ともにパートナーだった音楽プロデューサー小室哲哉氏との一件はあまりにも有名である。

まったく売れない一介のグラビアアイドルを見初めた小室哲哉の手によって、いきなりトップアーティストの1人になった華原朋美。3年弱という交際期間ののちに破局を経て、2度にわたる活動休止を余儀なくされ、一時は実質引退状態となってしまった。

そして休業中にも、睡眠薬など薬物への依存や救急搬送されるなど、名声と恋人を同時に得たと思ったら同時に失い、シンデレラストーリーからの急転直下という、まさにジェットコースターのような人生を送ってきた華原。

ここ数年では芸能活動本格再始動といったきらいもあったが、30歳以上年上の男性との「パパ活」疑惑や、親交のあったバイオリニストの高嶋ちさ子に紹介されたベビーシッターに長男が虐待されたという一件、路上で男性に暴行された件、激太りの件、YouTubeでの挙動がおかしい件など、本業以外のところで注目を集めてしまっているのが現状だ。

彼女の精神状態については常に心配されるところだが、今回ばかりはどうやら本当に幸せそうなので、安心してもよさそうだ。つい最近も、7kgの減量に成功したことをインスタグラムで公開した華原。周囲によると、表情は幸せいっぱいだという。

イベントで「CAN YOU CELEBRATE?」熱唱

結婚について、まだ本人の口からの発表には至っていないが、誕生日である8月17日までは実質カウントダウン状態のようなものだ。誕生日に先駆けて8月15日に開催されたバースデークルージングでの出来事を紹介しよう。

イベントに参加したファンによれば、幸せいっぱいの様子だった華原は、「結婚」というワードこそ使わなかったものの、「近々皆さんを驚かせる発表をする。爆弾を落とす」と、ひときわ声を弾ませて話していたという。

その報告のあとには、結婚式のド定番ソングでもある安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE?」を歌い上げたというから、これはもう確実なものと見てよいだろう。

イベントと並行して、所属事務所は報道各社に、「17日にオンライン会見を行う」と案内を送付。この時点では内容は明かされておらず、「華原本人より当日お伝えいたします」とした。ここで結婚の詳細を語るとみられている。公式の発表を待とう。