虹色デイズが実写映画化!なつき・ともや・けいいち・つよしのキャストは誰?異例の4人主演



『別冊マーガレット』(集英社)で連載された水野美波氏の大人気少女漫画「虹色デイズ」が実写映画化されると発表された。

原作の「虹色デイズ」は、少女漫画誌で連載されていたが男子高校生4人組が主人公という今までになかった異色な設定で人気を集めた作品。

日本映画史上初となる4人が主演の少女漫画実写化映画として集結して注目を集めている。実写映画化された「虹色デイズ」は2018年夏公開予定となっている。

なつき・ともや・けいいち・つよしは誰が演じる?

4人が主演と話題の実写化される映画「虹色デイズ」のなつき・ともや・けいいち・つよしは誰が演じるのか注目が集まった。

佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)・中川大志・高杉真宙・横浜流星ら4人が主演で「虹色デイズ」を映画化される。

SNSのフォロアーとブログ読者の合計が100万人近い人気を誇る4人が、ちょっとおバカでお騒がせなイケメン男子高校生たちを演じる。

友情と恋を描いた青春ストーリーが佐野玲於・中川大志・高杉真宙・横浜流星ら4人が主演で「虹色デイズ」を実写化される。

佐野玲於・中川大志・高杉真宙・横浜流星の役は?

出典:実写映画化「虹色デイズ」 公式サイト 画像

同級生の杏奈に片想いする「なっちゃん」こと羽柴夏樹(なつき)役に佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)。

チャラくて女好きなモテ男「まっつん」こと松永智也(ともや)には、今年公開の映画『きょうのキラ君』『 ReLIFE リライフ』に主演した中川大志。

漫画「きょうのキラ君」実写映画化!キラに中川大志キャスト・あらすじ・公開日を紹介

秀才で超マイペースなオタクの「つよぽん」こと直江剛(つよし)を演じるのは今年だけで映画6本に出演し、テレビ・CMでも活躍中の高杉真宙。

いつもニコニコ実はドSな「恵ちゃん」こと片倉恵一(けいいち)を演じるのは、映画「キセキ-あの日のソビト-」・「オオカミ少女と黒王子」、来年公開予定の「honey」と青春・恋愛映画への出演が続く横浜流星。

人気少女漫画「honey」が実写映画化!主演・平野紫耀ヒロイン平祐奈は人生初茶髪20センチカット

主演4人のコメントは?

出典:佐野玲於 公式Twitter 画像

佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE)
普段のアーティスト活動とは違いお芝居の世界ではまだまだ経験が少ないので、監督や周りのキャストの皆さんからいろいろなことを吸収しながら、『虹色デイズ』が大切にしている友情や色褪せない日常を表現していけたらと思います。

出典:中川大志 オフィシャルブログ 画像

中川大志
初めて原作を読んだ時に笑撃を受けた、少女漫画なのにシュールに描かれる主人公の男子4人のやり取りを、映画でも、より生っぽく表現できたら良いなと思っています。

出典:高杉真宙 公式Twitter 画像

高杉真宙
『虹色デイズ』は、男子たちのほのぼのとした青春や悩みが、かわいらしく微笑ましい物語だと思います。自分自身、以前からこの作品が好きで、僕が演じる”つよぽん”と僕は、アニメ漫画などが好きなところなど、共感する部分がかなりあると思います。

出典:横浜流星 Twitter 画像

横浜流星
少女漫画なのに、男4人が主人公というストーリーは珍しいですし、新しい少女漫画の実写映画に挑戦できることが今から楽しみです。その中でも僕が1番魅力を感じた片倉恵一を演じる事ができ、うれしく思います。

映画「虹色デイズ」 公式サイト

実写映画化される「虹色デイズ」の原作・あらすじ

原作の「虹色デイズ」(にじいろデイズ)は水野美波氏による大人気少女漫画。『別冊マーガレット』(集英社)で2012年2月号~2017年4月号まで連載。単行本は全15巻となっている。

「虹色デイズ」一話のあらすじ

クリスマス直前、羽柴夏樹は彼女の小林百合とのデートを控えていた。しかし、夏樹の友人の松永智也と片倉恵一は入店したファーストフード店で偶然百合を見掛け、本性を知ってしまう。

智也と恵一は夏樹に警告するも、夏樹はこれに納得せず、夏樹は智也と喧嘩することに。

だが、デート当日にホテルのレストランでの食事や高級な物品を強請られ、それを断った夏樹は百合に振られる。

落ち込んでいた中、ティッシュを配っていた小早川杏奈からティッシュを貰う。夏樹は、これに対して当初は百合に渡すはずだったマフラーを杏奈に渡してその場を去り、道中で智也と恵一に遭遇する。