漫画「きょうのキラ君」実写映画化!キラに中川大志キャスト・あらすじ・公開日を紹介

 

「きょうのキラ君」の実写映画化が決定

Cm4MLCnVIAAcRh1出典:twitter画像

「きょうのキラ君」はみきもと凜による漫画。2011年から2014年まで別冊フレンド(講談社)にて連載されたラブストーリーだ。

物語は、肩にインコを乗せた変わり者の岡村ニノン(ニノ)と、重大な秘密を抱えて生きる遊び人の吉良ゆいじ(キラ)の恋が描かれている。

「きょうのキラ君」の実写映画化キャスト

9784063417807きょうのキラ君(1) [ みきもと凛 ]

キラ役には、ドラマ「監獄学園-プリズンスクール-」キヨシ役・大河ドラマ「真田丸」豊臣秀頼役で知られる中川大志。少女マンガの実写化作品で演じるのが初の中川大志は

「ニノと出会って少しずつ変わっていく、キラの変化をしっかりと丁寧に演じました。ニノにしか見せないキラの弱い部分と、学校でのクールでツンツンしてるキラのギャップをしっかりと付ける事も心がけました」

と、コメント。「きょうのキラ君」実写化でキラを演じる意気込みを語った。またヒロインのニノ役には、「MARS(マース)~ただ、君を愛してる~」で麻生キラ役を演じた飯豊まりえ。飯豊まりえはニノを演じる事に

「ニノンちゃんは、繊細で純粋で何に対してもど直球な性格なのでみんなに愛されるような女の子になれるようにイメージしながら、“笑顔”を大切に演じました」

とコメント。「きょうのキラ君」実写化の意気込みを語った。

「きょうのキラ君」あらすじ・公開日

CiBlmfqVIAAmPPb出典:twitter画像

あらすじ
365日、瞬きするのもおしいくらい、あなたを見つめていくから。なぜか肩にインコを乗せている超・変わり者の女の子ニノと、重大な秘密を抱え無意味な毎日をただ遊んで過ごすキラと2人の物語。

ある日、マム(ニノのママ。コスプレ大好きのハーフです)からお隣のゆいじくん(キラ)が、病気であることを聞かされる。

キラの余命はあと1年。ふとしたきっかけで、無意味にただただ遊んでいるキラが実は、「死にたくない」とひとり悩んでいることを知る。

家がお隣同士の2人なのに、話すらしたことのないニノとキラ。しかし、ニノがキラの秘密を知ったことから、運命は劇的に動きだす。2人の恋は期限付き?そんな予感をさせる切なすぎる恋の物語が・・・・

ニノはそんなキラに対して、死ぬまで一緒にいてあげると宣言します。友達として?彼女として?今後の2人の関係は?

今回、中川大志・飯豊まりえが演じるキラとニノのビジュアル画像も解禁。実写版と同じ構図でみきもとが描き下ろしたイラストも、併せて公開。実写映画化「きょうのキラ君」は2017年2月25日に公開