ジミー大西が職務質問で「捕まえてください」パトカーで搬送されることに



14日に放送のされた読売テレビ「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(土曜11・55)にお笑いタレントのジミー大西(54)が出演した。

番組では、ジミー大西が警察官から職務質問された時のエピソードが語られ、警察官との珍妙なやりとりでパトカーで搬送されたことを明かした。

ジミー大西がパトカーで搬送

出典:ジミー大西 公式ツイッター 画像

番組で警察官から職務質問を受けパトカーで搬送されたエピソードを語ったジミー大西。大阪・淀川沿いを歩いていた時に職務質問を受けたようだ。

その日は猛暑日でフラフラしながら歩いていたと当時の様子を語りだし、フラフラしながら歩いているという怪しげな歩き方が警察官の目に留まったらしく、

「何かやってるんちゃいますか?」

と職務質問を受けることとなったそうだ。フラフラ状態だったが、ジミー大西は何もやましいことはないので、

「やってません」

と答えた。しかしあまりにの暑さに耐えきれず、職質をしてきた警察官に、

「捕まえてください」

と懇願しパトカーで搬送されたという。

なぜ職務質問を受け搬送される事態となったのか?

「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」で職務質問を受けたエピソードを語ったジミー大西がなぜ淀川沿いを歩いていたのか。その理由についても語りだし、降りるべきバス停で、

「ピンポンを押すのを忘れ」

乗り越したため歩いて引き返していたという。その後フラフラ状態になり、

「パトカーが止まって。もう熱中症で脱水症状になってもうて『(パトカーで)運んでください』って。で『セブンイレブンまで運びますわ』ってなった」

とパトカーに搬送された経緯と警察官とのおかしなやりとりを語り、番組MC今田耕司(52)ら出演者は大爆笑。結局、職務質問では薬物検査などはされなかったことと、セブンイレブンまでパトカーで搬送された後、

「気を付けや」

と言われたことも付け加えて、さらに笑いを起こした。

ジミー大西

ジミー大西(ジミーおおにし)は、大阪府八尾市出身1964年1月1日生まれ。お笑いタレント・画家として活躍中。よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。血液型はA型。既婚。

勉強は苦手で運動神経が良かったというジミー大西は、八尾市立安中小学校時代に少年野球ボーイズリーグ八尾フレンドに所属。八尾フレンドの4年後輩には桑田真澄がいた。

中学校時代も野球部で活躍し高校はスポーツ推薦で強豪の大商大堺高校に進学。しかし、ベンチが出す数式を用いたサインが覚えられなかったため試合に出してもらえず、1年夏から引退するまでマネージャーを務めたなどジミー大西らしい伝説は数多くある。

ジミー大西 公式インスタグラム



コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください