吉沢ひとみ被告の初公判!事件の全容は?現在も酒は止めていない



今年の9月6日午前7時頃に酒気帯び運転でひき逃げしたとして自動車運転処罰法違反(過失傷害)などの罪で逮捕された元モーニング娘。の吉沢ひとみ被告(33)の初公判が11月29日に東京地裁で開かれた。

元モーニング娘。の吉沢ひとみ被告は初公判で涙を流して謝罪し、今後車を運転しないと誓っている。本日11月30日に懲役2年執行猶予5年の有罪判決が確定した。

元モーニング娘。の吉沢ひとみ被告の初公判

白シャツでグレー色のスカートスーツ姿で入廷した吉沢ひとみ被告。酒気帯び運転でひき逃げ事件をしたとして身柄を勾留されていた警察署から今年9月27日に保釈時よりも痩せていた様子だった。

勾留されていた当時は茶色だった髪は現在、黒に染まっていた。すでに芸能界引退を発表している元モーニング娘。の吉沢ひとみ被告は、裁判官から

「無職ですか?」

との質問に「はい」と小さな声で回答。酒気帯び運転でひき逃げ事件をした起訴事実について裁判官から確認されると、

「(間違い)ありません」

と、小声で答えていた。検察側は懲役2年を求刑しており、懲役2年執行猶予5年の有罪判決が確定した。

起訴状

元モーニング娘。の吉沢ひとみ被告がおこした酒気帯び・ひき逃げ事件の起訴状によると、今年9月6日午前7時ごろ、酒気帯びの状態で乗用車を運転し、時速86キロで赤信号を無視。横断歩道を歩行中の男女2人に軽傷を負わせ、そのまま逃げたとしている。

事故前日の午後8時すぎから深夜0時ごろまで自宅で酎ハイ3缶や焼酎のソーダ割りをずっと飲んでいたと酒気帯び運転について指摘している。

また、ひき逃げを目撃した人が車を追いかけて吉沢ひとみ被告に声を掛けたが無視して走り去ったという事実を突きつけ、

「刑事責任を免れるためとしか考えられない」

と、酒気帯び・ひき逃げ事件は悪質だと批判。終始神妙な面持ちでじっと前を見つめており、何度も涙を流した。

現場から逃げた理由とは?

被告人質問では被害者への謝罪の言葉を繰り返した吉沢ひとみ被告。初公判では、現場から逃げた理由を弁護人から聞かれ、

「気が動転してパニック状態になった。社会人として、1人の人間として考えの甘さ、気の緩みがあった」

と答えた。取り消された運転免許を再取得するつもりはないとし、今後運転はしないと誓った。また、元所属事務所の代表取締役社長から、

「人生の先輩、友人として今後も見守る」

などと寛大な処分を求める嘆願書が弁護人に読み上げられると吉沢ひとみ被告は鼻をすすり何度も泣いていた。

保釈後も飲酒

初公判で次々と酒気帯び・ひき逃げ事件当日の行動があきらかになってきた中、IT企業経営者の夫が証人出廷し、検察側から被告の事故後の酒量を聞かれると、

「急激に減っています」

と回答するにとどまり、検察側からは全く飲んでないということではないんですかという質問に対し、

「そうです。急激に減っています」

と答えた。逮捕前の元モーニング娘。の吉沢ひとみ被告は毎日自宅のキッチンで酒を飲んでいたという。現在は酒気帯び・ひき逃げ事件をおこしたことで急激に減っていると語られている。

懲役2年執行猶予5年の有罪判決が確定した元モーニング娘。の吉沢ひとみ被告の今後に注目したい。