注目キーワード

ドランク塚地が吉高由里子つきまとい報道!身に覚えない

お笑いコンビ「ドランクドラゴン」塚地武雅(つかじ むが)が今月12日、ニッポン放送「ナイツ ザ・ラジオショー」にゲスト出演。

一部で報じられた、女優・吉高由里子への「つきまとい」疑惑を否定した。

報道内では吉高由里子が「ぽっちゃり好き」とされたが、彼女の元カレなどを振り返りながら、実際の「好きなタイプ」も確認していく。

身に覚えない!塚地の訴え

出典:モデルプレス

一部の報道では、「吉高がぽっちゃり好き」だと聞いた塚地が、吉高のドラマ収録現場付近などをうろついていると伝えられた。

冒頭のラジオ番組でお笑いコンビ「ナイツ」の塙宣之(はなわ のぶゆき)から「浮いた話も全然ないですよね?」と問われると、塚地は「全然ないよ」と回答。

「こないだネットニュースで、吉高由里子ちゃんが『ぽっちゃり好き』と言ったことからなのか、『ドランクドラゴン』の塚地が自分が候補だと息巻いているとか、TBSのドラマの現場をうろちょろしているとか(報じられた)」

と話し、「まったく身に覚えないのよ?」と声高に訴える塚地であった。

塚地、吉高由里子ともに現在どちらも独身だ。

過去には吉高由里子と共演も

一般的には、人当たりがよく、芸人とも俳優・女優とも仲良くなれるとされている塚地。しかし本人としては、悩みもあるようだ。

現在はお笑い芸人としてだけではなく、俳優業でも活躍を見せていることから、同ラジオ番組内でドラマの共演者との話になるも、塚地は

「(ドラマを)やっている時は仲良くなるけど、終わってからは全然」

と、ドラマ撮影中(クール中)は交流があるものの、撮影が終了すると疎遠になってしまい、あまりプライベートでの交流に繋がらないと回答。

「友達自体がまず少ないけど、言うたら芸人しかいないかな」

とも語り、俳優や女優とはあまり深い仲になれないことも示唆した。

今回の「吉高由里子狙い」報道の裏には、過去に塚地がドラマ「正義のセ」(日本テレビ系)で吉高と共演したことがあるだろうが、実際に交友があるのかは謎だ。

また、「塚地がつきまとっている」とされた記事には、現場の証拠写真などはなかったことからも、塚地は以下のように主張。

「文言だけ。関係者とかから『TBSのドラマ現場をうろちょろしているようです』って。してないよ、という」

重ねて報道を打ち消した。必死に否定する塚地の姿がコミカルに映ったのか、「ナイツ」の塙は、

「今日、入ってないですか?吉高由里子さん。今日、収録ないですか?可能性ありますよ」

といじって笑いを誘っていた。

小木の証言!塚地はモテる?

芸能界での友達が多くないと語る塚地だが、一方で、芸人仲間からの証言もある。お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明だ。

昨年11月26日放送のTBSラジオ系のラジオ番組『おぎやはぎのメガネびいき』にて、小木が、吉高由里子との噂を報じられた塚地について、「女優さんの連絡先を凄い知ってる」と明かしていた。

小木いわく、このラジオの放送の1週間ほど前に塚地と仕事をする機会があったらしく、女性関係について「どうなの?」と聞いたところ、「全く無い」との回答だったとか。

塚地が女優の連絡先を数多く知っているのは「おぎやはぎ」も知るところらしく、また「ああいう太っちょっていうか柔らかい雰囲気の人(=塚地)って女性受けいい」とうらやましそうな様子でもあった。

吉高由里子の元カレや男性のタイプは?

今回の報道では「ぽっちゃり好き」ということになっている吉高由里子だが、過去の彼氏を思い返しても、ぽっちゃり系はいないように思われる。

吉高由里子の元カレとして一般的に知られているのは、俳優の玉木宏、ロックバンド「RADWIMPS」のボーカル・野田洋次郎、「関ジャニ∞」の大倉忠義など。いずれも細身の男性だ。

現在は特に熱愛を報じられている相手はいないと思われるが、一部では、未だに関ジャニ∞の大倉忠義との交際が継続しているとしている芸能関係者もいるようだ。

「恋多き女性」「肉食系」として知られる一方で、表立って恋愛の話をすることはあまり多くはない吉高由里子。

過去には好きなタイプを語ったこともあるが、「食べるのが好きな人」「食の好みが合う人」という内容で、我々にとってみては男性像を特定するのは難しい条件であった。

逆に、好きではないタイプとしては、「食事に興味がない人」「好きなものを最後までとっておく人」「自分の話ばかりする人」ということで、これもまた容姿とは関係のない条件であった。

「自分の話ばかりする人」に関しては特に、頼んでもいないのに自分の苦労話ばかりする人が苦手であるとのこと。

結婚に関しては、昔は漠然と「23歳くらいでするのかな」と思っていたようだが、いつの間にか30を超え、今は自然なタイミングでするべきと感じるらしく、逆に焦りは感じないそうだ。

上記の条件に当てはまっているのであれば、塚地にもチャンスはあるかも?