ガキ使・笑ってはいけない撮影で事故!佐野史郎骨折の状況・放送はどうなる?




吉本興業の闇営業問題などで放送がどうなるのかと注目が集まっている令和元年の年末一大イベントである年末特番「ガキの使いやあらへんで!笑ってはいけない」。

最新情報が発表され、ファン・関係者は騒然となっているようだ。

今年の年末特番「ガキの使いやあらへんで!笑ってはいけない」はどうなるのだろうか・・・・

令和元年年末「ガキ使!」放送はどうなる?

令和元年の放送が危ういと話題となっていた年末特番「ガキの使いやあらへんで!笑ってはいけない」。

そんなガキ使の最新情報に喜びの声と心配する声が多く上がる事態となっている。


日本テレビによると、令和元年年末に放送される予定の年末特番「ガキの使いやあらへんで!笑ってはいけない」の撮影を11月6日、7日に行ったと発表。

そのことで心配されていた年末に放送されないのでは?と不安だったファンからは歓喜の声が多く上がった。

俳優・佐野史郎が撮影で骨折!

しかし、この11月6日、7日に行われた「ガキ使! 笑ってはいけない 」のロケ中に、俳優・佐野史郎(64)が骨折したというのだ。

その容態は、第三腰椎骨折という状態で、全治2カ月のけがと診断されたことも同時に発表。

企画に挑戦していた後に腰に痛みを訴えたことで病院で診察を受けた結果、第三腰椎骨折という状態であると発表された。

ガキ使笑ってはいけない事故状況

骨折したことが発表された俳優・佐野史郎。今回のけがで手術の必要はないが、2週間の安静が必要と診断され入院しているという。

事故は、6日の20時ごろに発生したという。現場は茨城県で、液体窒素を入れたペットボトルが破裂する力で飛べる?という企画に挑戦していた時だという。

企画に挑戦後、佐野史郎は腰に痛みを訴えたという。その後、すぐに病院に搬送して診察を受けた結果が、第三腰椎骨折だと判明した。

放送中止となるのか?

年末に放送されるかどうか楽しみにしていたファンにとっては、撮影が有ったという安堵の気持ちはあるが、事故が起こったということで不安になっているようだ。

最近のバラエティー番組などでは、怪我や事故があった場合よくお蔵入り(放送されない)ことがあるからだ。

流石に、令和元年の年末特番で豪華なメンツで撮影された年末特番「ガキの使いやあらへんで!笑ってはいけない」を放送中止にすることは無いと思われる。

しかし、事故が起こった企画は放送中止になる可能性が高いようだ。

撮影中の事故で怪我を負った佐野史郎のコメント


この度は「ガキの使いやあらへんで!!年末スペシャル(仮)」の収録に際し、第三腰椎骨折というけがをしてしまい、番組スタッフ、キャストのみなさんはじめ、関係者各位のみなさまには大変ご迷惑をおかけいたしました。

安静にということで、入院中ではございますが、当面のお仕事に対しましては順次対応させていただきたいと存じます。

なお、番組放送に関しましては、私の負傷で笑えない状況にならないよう放送されることを、心より願っております。

人間万事塞翁が馬。今回のことを糧に、より精進して参りたいと存じます。今後ともよろしくお願いいたします。

令和元年十一月七日 佐野史郎