注目キーワード

櫻坂46セカンドシングル!2作連続センター森田ひかるがかわいい

人気アイドルグループ・櫻坂46(さくらざかフォーティシックス)の2作目となるシングル「BAN」の販売が決定した。4月14日発売。

櫻坂46は、前身となる欅坂46から、人気メンバーの卒業・脱退などを経た結果、2020年10月に改名して再出発を遂げたグループだ。

記念すべきデビューシングル「Nobody’s fault」に続けて、この2作目「BAN」でもセンターを務める森田ひかるがかわいいと話題になっている。

身長150センチ!坂道シリーズで最小

出典:櫻坂46 森田ひかる 公式ブログ

森田ひかるは2001年生まれの19才で、福岡県の出身。2018年に乃木坂46、欅坂46(現在の櫻坂46)、けやき坂46(現在の日向坂46)による「坂道グループ合同オーディション」に合格した。

第一希望の通りに当時の欅坂46に二期生として配属された。身長は150センチということで、坂道グループの中でも最小となる。

小柄な体格ながら、欅坂46の二期生がファンに初めて会う場となったイベント「お見立て会」では、オープニングとして和太鼓を披露するなど、ダイナミックなパフォーマンスで観客を驚かせた。

欅坂46配属後、シングルに参加等の機会に恵まれなかった二期生だが、テレビ番組で楽曲を披露する際には森田もほぼ毎回といっていいほど参加するメンバーとなった。

そして2019年には念願の欅坂46の9thシングルの選抜メンバーとなったが、この9thシングルが、メンバーの卒業・脱退等により、販売されずに幻のものとなってしまった。MVも撮影されたが、お蔵入りとなってしまったようだ。

そして、代わりに発表されたラストシングル「誰がその鐘を鳴らすのか?」は全員選抜となり、またデジタル限定、ミュージックビデオの作成もされなかったため、実質、欅坂46時代には作品を残してこれなかったのだ。

実力ばっちり!これまでも代理センター経験

そんな森田だったが、ファンからの根強い人気やキュートなルックス、150センチという低身長からは考えられないダイナミックなパフォーマンスなどが評価され、櫻坂46に転身してからのファーストシングル「Nobody’s fault」でセンターを任された。

欅坂46時代には、ファーストシングルからの不動のセンター・平手友梨奈がいたために他メンバーはセンターの経験はなかったものの、森田は平手の欠席時のセンターや、平手脱退後のライブ等でも何度かセンターを務めてきたうちの1人だ。

2019年-2020年の年越しの「CDTV」でも、平手にしか表現できないだろうと言われていた楽曲「黒い羊」の代理センターを務め、自身としてはテレビで初センターを務めた。

また、平手脱退後は欅坂46はオンラインライブ等で楽曲によって違うセンターを設けてきたが、森田も二期生ながら、複数楽曲でのセンターを任された実力者。

グループが櫻坂46に転身するという大事なタイミングでセンターを任され、また引き続きセカンドシングルでもセンターに配置されたということで、絶対的な信頼を置かれているのだろう。

カップリング曲は藤吉夏鈴・山﨑天がセンター

欅坂46時代にはなかった取り組みだが、櫻坂46になってからは、シングルの表題曲とは違うメンバーがカップリング曲ではセンターを務める。

ファーストシングルではカップリング曲のセンターを、森田と同じく二期生の2人、藤吉夏鈴(ふじよし かりん)と山﨑天(やまさき てん)が務めたが、セカンドシングルでも同じくこの2人が担当することとなった。

藤吉は高い身長から繰り出されるダンスと、素朴な顔立ちが魅力的。山﨑天は最年少で、オーディション時にはなんと13歳だった。

最年少ということを思わせない卓越した表現力や、高い身長、印象に残りやすい顔が特徴だ。

出典:マイナビニュース

※左から2番目が森田ひかる、同じく3番目が山﨑天、4番目が藤吉夏鈴

女優デビューも!ドラマ「ボーダレス」

センターに抜擢されてからというもの大忙しの森田だが、このたびドラマ出演も決定した。

坂道グループ初共演ドラマ『ボーダレス』だ。ひかりTVにて、3月7日放送開始 。

もとはといえば欅坂46のメンバーが出演するイメージで脚本が作られたとのことだが、執筆最中にメンバーの脱退、改名などがあったために、このたび坂道3グループでの共演という企画へと変更されたという。

乃木坂46からは期待のホープである遠藤さくらと早川聖來、櫻坂46からは森田ひかるに加えて一期生の小林由依と渡邉理佐、そして日向坂46からは濱岸ひよりと、先日写真集を出して話題となっている齊籐京子が出演する。

欅坂46は一期生のみだった時代に全員参加のドラマに出演しているが、二期生が入ってからというものドラマ企画はなかった。そのため森田はドラマ初挑戦となる。

今回はほぼ主役という役どころのようなので、その演技にも注目が集まる。