注目キーワード

いきものがかり山下が脱退で今後は2人で活動の理由!ボーカル吉岡と熱愛?

3人組音楽バンド・いきものがかりのギターを担当する山下穂尊が、今年夏をもってグループを離れるとともに、芸能活動を引退することが発表された。今後はリーダーの水野良樹と吉岡聖恵の2人で活動を続けていくという。

4月より全国ツアー「いきものがかりの みなさん、こんにつあー!! THE LIVE 2021!!!」を開催中のいきものがかり。3人体制でのライブは6月10日と11日に神奈川・横浜アリーナで行われるツアーファイナルが最後となる。

その後山下は夏をめどにいきものがかりを脱退するとともに、表舞台に立つ芸能活動から離れ、作曲や執筆などの創作活動をはじめとした新たな道に進む決意をしたということだ。

理由は音楽性の違い?

山下は幼なじみだった水野とともに、1999年より音楽活動をスタートし、同年11月に吉岡が加わった3人組のいきものがかりとして活動を本格化。

2003年にインディーズデビュー、2006年3月にシングル「SAKURA」でメジャーデビューを果たした。これまで、「帰りたくなったよ」「YELL」「ありがとう」など数々のヒット曲を世に送り出してきた彼らは、結成から20年を超える長寿バンドなだけに、これまでにもメンバーそれぞれがたくさんの心境の変化を経験してきたという。

そしてこれまでにも何度も話し合った末に、今回の決断に至ったという3人。結成から22年にわたる活動の中で、「放牧(活動休止)をしてみたり、独立をしてみたり、紆余曲折の旅を続ける中で、音楽やグループに向ける気持ちが、山下と他の二人とで、少しずつ違うものになってきたことを感じていました」と明かした。

コロナ禍を経て、山下からの申し出をきっかけにそれぞれの道を歩むことを決めたと説明。山下は、「何がこれから生まれていくか、どうかあたたかい目で見守っていただけたら幸いです」と今後についての意気込みを語るとともに、

「2人になるいきものがかりは少し違和感があるかもしれませんが、2人の歩みもこれから楽しみにしています」

と、グループに残留する水野と吉岡に向けエールを送っている。

いきものがかりコメント全容

3人のそれぞれもコメントを発表しているが、全体的な経緯をより明確に記している、グループとしての3人連名のコメントを以下に引用する。

いきものがかりを応援してくださっている皆様、いつもありがとうございます。本日はご報告があります。

今年の夏をもってメンバーの山下穂尊がグループを離れることになりました。山下は今後、芸能的な活動からは離れ、この先の人生を進めていきます。

いきものがかりは吉岡と水野の二人で、新たな日々を歩んでいくことになります。

結成から22年が経ち、多くの皆さんとの出会いに恵まれ、自分たちの身の丈を超えた夢をいくつも見ることができました。

これまでの「3人のいきものがかり」の活動が自分たちの力だけで成り立ってきたわけでないことは誰よりもメンバー自身が深く感じています。

そのうえで、それぞれの人生の行く先を考える年齢になってきました。ひとりひとりが、どうこれからを生きていくのか。少しわがままかもしれませんが、自分自身に正直にならざるを得ない時期を迎えています。

放牧(活動休止)をしてみたり、独立をしてみたり、紆余曲折の旅を続ける中で、音楽やグループに向ける気持ちが、山下と他の二人とで、少しずつ違うものになってきたことを感じていました。

(中略)

3人それぞれを尊重する。それが結成以来、僕らが言葉にするまでもなく大事にしてきたことです。

多くを語り合ったうえで、そこに立ち返ったときに、別々の道を歩むことも、それぞれの人生を前に進めるためにはありえる選択ではないか。そう考え、決断しました。

吉岡・水野は音楽を、そしていきものがかりを続ける意志を持っています。山下も、それを強く願ってくれています。

(後略)

いきものがかり公式サイト

何度も話し合いをした上で出した決断だということに加え、メンバーそれぞれがお互いを尊重したいという意思がはっきりと表れており、いきものがかりの仲間としての絆を感じさせる文章だった。

リーダー水野はツイッターでもエール

いきものがかりの「係長」ことリーダーの水野良樹は、自身のツイッターでも山下についてコメント。グループを飛び立ち、また芸能界からも引退して自分の道を進んでいく友へ向けてエールを送った。

ボーカルの吉岡も公式サイトでのコメントで「山下の意思を尊重」といった旨を強調しており、不仲や不祥事などによる脱退では一切ないことがうかがえる。

もともと人前に立つことが苦手な性格だという山下。メジャーデビューから15年を迎え、区切りを迎えたタイミングで、かつ年齢も40代に突入といったところで、自分の人生を考えての決断となったのだろう。

ボーカル吉岡との熱愛はガセ

いきものがかりの山下といえば、なぜか以前からボーカルの吉岡との男女関係があったとネットなどを中心にささやかれている。未だにこの説を信じている一部の人々は、過去に恋愛関係があったゆえにグループ内で気まずくなったと推測しているようだが、結論からいえば、これはまったくのデマのようだ。

なぜこのように言われるようになったのかというと、2017年に「放牧」と銘打っていきものがかりが活動を休止し、それぞれ個人の活動に専念している際にあった報道をきっかけに一部の人が憶測をし始めたようだ。

放牧宣言をしてまもなく、吉岡に恋人がいることが報道された。相手は7年交際中の実業家の男性だったということで、今更報道された、といったところなのだが、なぜかこの相手が山下だと勘違いされるように。

強いて言うなら、リーダーの水野はその時点で既に結婚していたので、休止期間中に残った二人が付き合っているのでは?という発想をする人が少なからずでてきたのだろう。男女混合バンドではありがちな噂のたぐいだ。

吉岡は昨年8月、一般男性との結婚を発表。おそらく以前報道にあったお相手なのだろうとネットニュース等では断定されている。いずれにしてもその相手は山下ではないので、2人の関係がこじれたせいで脱退に至ったというのは全く確証のないデマである。