注目キーワード

misonoが島田紳助の意思をついで実業家転身!現在や旦那の症状は

元祖〝炎上クイーン〟としても知られる、倖田來未の実の妹で歌手のmisonoが、今後は経営者、プロデューサーとして後進の育成に乗り出す方針を明かした。

今後も芸能活動は引き続き行い、併行して経営活動もしていくとのことだ。その背景には、すでに芸能界を引退した島田紳助さんとの再会があったのだという。

misonoはドラマー・Nosukeと結婚しているが、夫は精巣がんによる胚細胞腫瘍をわずらい、その心労もあってかmisono本人も病を抱えている。

実業家に転身!引退するする詐欺?

17歳でバンド「day after tomorrow」のボーカルとして歌手デビューしたmisono。実姉は言わずと知れた倖田來未だ。

20代は『ロンドンハーツ』『ヘキサゴン』などのバラエティ番組で“おバカタレント”として人気を博した。

30代半ばとなった現在は、YouTubeでの番組配信を中心に活動している。そんなmisonoが、東スポのインタビューに答えた。

その取材の中で、misonoは今後は芸能活動と併行して、実業家としての活動をしていくと語ったという。

さっそくネット上では、「また売名行為では」「引退するする詐欺」「炎上狙い?」といった批判的なコメントも集まっている。

というのも、misonoは過去数回にわたって、「芸能界を引退する」と宣言し、結局は辞めずに続けているという背景があるからのようだ。

島田紳助さんとの再会がきっかけ

今年初め、「クイズ!ヘキサゴンⅡ」(フジテレビ系)の仲間だった山田親太朗に連絡を取った際、偶然、山田と飲んでいた島田紳助さんと再会したというmisono。

それをきっかけに、島田さんがmisonoのユーチューブチャンネルに出演してくれることになった。

misonoは何度も「出ない方がいいのでは」と意見したが、紳助さんは聞き入れず、編集なしで流せと指示したということらしい。

島田さんは、暴力団幹部との交友関係があることを摘発されたことをきっかけに、芸能界を2011年に引退。

それ以降、テレビなどに出演することは一切なかったが、昨年2019年の吉本興業の闇営業問題を巡り、過去の島田さんの発言が度々取り上げられるようになった。

そんなことも背景にあってか、島田さんは愛弟子であるmisonoのYouTube動画に参加。

芸能界引退から9年間、すべてのオファーを断り続けた島田さんのmisonoのYoutubeチャンネルへの出演は話題を呼び、チャンネル登録者数は激増した。

これをきっかけにmisonoは一躍、ユーチューブ界でも注目される存在になった。

島田さん出演動画は再生回数なんと600万回超。いまだ影響力を保つ師の偉大さを目の当たりにしつつ、受けた恩をどう返すか悩んだという。

島田さんへの恩返しとして後輩育成へ

「(島田さんに)ヘキサゴンでかわいがってもらい、いつか恩返しをと思っていたところに、また恩を受けた」

と、YouTubeでの島田さん出演によって話題となり、自身のYouTuberとしての立ち位置が飛躍したことを島田さんに感謝したmisono。

「紳助さんみたいな雲の上の方から見れば、私の世話をしてもプラスはない。それなのに『ダンナもmisonoも(病気で)大変だろう』と、出演して助けてくださった」

「これまで(田村)淳さん、たむけんさんにも温かくしてもらった。共通して言われたのは『恩返しなんて別にいい。それはいつか後輩にしてあげて』という言葉だった。30歳ごろから感じていたが『今度は自分がやる番だ』との思いを強くした」

そのように、島田さんを始めとした様々な付き合いのある芸人たちからの親切を受け、その恩返しに後輩育成への想いを高めていったというmisono。

day after tomorrowの時代から長年にわたって在籍していたエイベックスを、2年前に離れたmisono。

その際に作った個人事務所に、将来ある若者たちを預かることに決めたといい、現在はタレントが2人所属しているということだ。

「スカウト活動を開始して、プロダクション業務とキャスティング業務の両輪で運営している。売れずに伸び悩んでいる人材を、自分の経験と人脈を生かして世に送り出したい」

「紳助さんたちから受け継いだ温かい思いやりの心を、次代に継承するのが使命」

と語っているという。当面は自身の芸能活動と並行して業務を行っていく予定ということだ。

旦那の病気は大丈夫?

misonoは2016年にNosuke(ロックバンドHighsidEのドラマー)と交際を開始し、2017年に結婚を発表。その後2018年にはNosukeの婿入りという形で正式に結婚した。

しかしその後、夫が精巣がんによる胚細胞腫瘍であると分かり、左睾丸摘出手術を受けた。今後5年間の生存率は40%とも言われた。

病気が発覚する前は、高級マンションに住み、洋服は1回着たら海外の子供たちや周りの人にあげるハデな生活ぶりをしていたというmisono。

会費やご祝儀を受け取らずに結婚式を8回挙げる一方、保険には未加入で、貯金もなかったという。

夫の病気をきっかけに現実と向き合い、治療費を稼ぐため寝る暇も惜しみ働いた。その結果、misono本人も内耳の病気であるメニエル病と、逆流性食道炎に悩まされるハメになった。

コロナ離婚の危機も?

先日には、YouTubeで料理動画を上げた際に、冒頭で「我が家も離婚の話が出ております」とコロナ離婚の可能性を示唆していたmisono。

何かにつけ「嫌い」とバッシングされ、そのたびにネットニュースで取り上げられることも多いmisonoは自身のYouTubeチャンネルでも、

「こんなうるさい嫁がいたら、マジで離婚したくなる」「こんな女絶対にいやだ」「Nosukeがかわいそう」

と、misonoを非難するコメントも少なくない。それでも夫や自分の病気の治療費を稼ぐためにも、misonoは立ち止まるわけにはいかない。

度重なる炎上に関しても、

「(小中学校でいじめを受け、無視されていたので)スルーされるのが一番つらいことだって知っている。これは嫌味ではなく、悪口が書かれていても、忘れられたり何も言われなくなるよりかはマシ。呟いてくれてありがとう、です」

と気丈な様子を見せているという。それでも、好意的なコメントをもらったほうが嬉しいに決まっているが。

心身ともに、今後も2人が健康であることを祈るばかりだ。